エレクトロポップに少し切ないボーカルのメロディを乗せる「honeymaple」さん。

自主レーベル「Travelic Record’s」を立ち上げ楽曲やMVの製作から販売まで手がけるなど、インディーズバンドとして勢力的に活動している。

楽曲はハウスの要素である「4つ打ちのキックの4つ並び、2,4拍目にクラップ代わりのスネア、そして裏打ちハイハット」を基本的に取り入れている。

しかしながらハウスのようにノリノリコでアガる曲というイメージではなく、楽曲全体をで切なさを残している点が特徴的だ。

スポンサーリンク

Night Aquarium

かなり好きな雰囲気の楽曲だ。

ボーカルとゴリゴリのベースサウンドとエレクトリックによる壮大なイントロから始まり、メロディラインい入るとバンドスタイルでありながらほとんどディスコミュージックのようになりサビへと続く。

サビでは完全にダンスビートの曲になるのだが、ボーカルのメロディが小説をまたぎ優しく伸びていることで、独特な雰囲気を感じさせ、間奏のピアノもこれまでの曲調を完全に無視して入るので、良いアクセントになっている。

繰り返しになるが、この曲はゴリゴリのベースサウンドがかっこいい。

モノクロミカヅキ

ピアノメインによる歌モノかと思いきや、そうでもない。
一曲ので変化していく哀愁が漂うピアノリフや伸びのあるギターサウンド、単音ピアノ装飾やサビ前のアクセントなどいろいろな要素があるが、良い意味でどっちつかずといえるハウスとポップの間の独自世界を創り出している。

何度も言うがこの曲もベースがいい。
特にMVで見せる、たんたんとリズムを刻む弾き方が僕のツボにハマった。

動画

【Night Aquarium】

Night Aquarium

【モノクロミカヅキ】

モノクロミカヅキ

Official Website

https://www.honey-maple.com/

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
バンドレビュー
<追記> 残念ながら、2015年11月に解散しています。 ----------------------- 北海道函館市出身のエモ・スクリーモ...