2013年結成で、都内だけでなく関東圏で幅広く活動されている「ANABANTFULLS」さん。

タイトルで「ダンサブルで正統派」と紹介しているのは自分でもよく分からないが、そう紹介したいくらい少し軽めな曲から正統派なロックまで、幅広い楽曲を演奏されている日本語ロックバンドだ。

オフィシャルサイトには「フロアをハッピーにするためにロックンロールをやってます」と紹介されているが、まさにそんな感じの音楽。

スポンサーリンク

Tokyo Calling

YouTubeにPVが公開されている楽曲で、この曲でバンドさんの存在を知った。

高速8ビートに乗せられたダンサブルナンバーだ。
ギターリフや音色は少しグランジっぽい雰囲気を出しながらも、メロディラインは王道のロックになっている。

約2分50秒と短い楽曲で、音数やコード数も少ない非常にシンプルな構成だが、そのおかげで印象にも残りやすく、ボーカルのメロディもキャッチーで頭にすっと入ってきた。

あとMVがすごい楽しそう。撮影シーンを想像すると、ちょっと混ざってみたい。

Tokyo Calling

Welcome To The Miracles

こちらはSound Cloud上に公開されている楽曲。

サビ部分のリズムギターとリードギターの組み合わせが、抜群にかっこいい。
というか、音色もさることながら、サビ部分や間奏で使われている、この降りていくコード進行はずるい。僕の大好きな響きだ。

曲の雰囲気や音色にボーカルさんの声も合っており、先ほどのTokyo Callingとは全然違う顔をもっていると感じた。

他にもSound Cloudには2曲公開されているが、それぞれ全く違った雰囲気になっており、本当に音楽の幅が広いと感じた。

  • Official Website
  • https://www.anabantfulls.com/

    スポンサーリンク
    合わせて読みたい

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事
    バンドレビュー
    photo by Chey Rawhoof 2012年から活動しているダンス・エモロックバンド「THE STROBE OUT STRINGS...