Pandoraは米国時間9月15日、かねてから噂されていた定額制音楽配信サービスへの参入とは若干ことなるものの、楽曲のスキップやリピート再生、オフライン再生などが可能になる「Pandora Plus」を開始しました。

今回新しく登場した「Pandora Plus」は月額4.99ドルで加入することができ、広告なしでオフラインで音楽を聴いたりすることができます。

スポンサーリンク

オンデマンド型のサービスではなかった

8月にはウォール・ストリート・ジャーナルなど複数のメディアが「Pandoraはオンデマンド型の音楽ストリーミングサービスに参入か?」と報じていましたが、結果的にサービスの提供形態は違いました。

もしかすると今後オンデマンド型のサービスを開始するかもしれませんが、今回の始まった「Pandora Plus」では、「好きな音楽を指定して聴く」ことはできないようです。

その分月額4.99ドルと、Apple MusicやSpotifyなどライバルと比べて半額の料金体系ですね。

Pandoraの魅力は、ユーザー好みの音楽を自動でレコメンデーションしてくれる機能なので、好みにあった音楽を流しっぱなしで聴きたい人にとっては、良いサービスかもしれません。

無料でも広告ありで利用できる

今回始まった「Pandora Plus」の楽曲リプレイやスキップ機能ですが、広告表示を受け入れれば、無料でも利用することができます。

スキップ機能のみ無料ユーザーの場合は時間あたりの回数制限があるようですが、無料でもある程度利用できるのはありがたいですね。

Apple MusicやSpotifyといったオンデマンド型の音楽ストリーミングサービスが有料・無料問わず一気に加入者数を伸ばしてきていますが、ラジオ型のPandoraも時代に合わせて変化を重ねて、ユーザーのニーズにあったサービス形態を模索しているようです。

  • Source:

Introducing Pandora Plus - Pandora Blog

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事