ラッパーのJay Zが手がけ、アメリカなどでサービスを展開中の定額制音楽配信サービス「TIDAL」ですが、2015年度になんと2800万ドルもの巨額の資金を失っていたことが明らかになりました。

これは日本円にすると、およそ29億円です。

2014年 度の損失はおよそ1040万ドルだったので、1年間で投入した資金は約2倍に膨れ上がったことになります。

スポンサーリンク

定額制音楽配信サービスは、どこも資金繰りが大変?

一方で、「TIDAL」の同期間売上高は3620万ドルから4700万ドルに増えたのみでした。

約30%の増加ですね。

今回の報道では、投入した資金の用途はレコードレーベルへのライセンス支払いや従業員への給与などとなっていますが、類似サービスと競合していくためのコンテンツ獲得やマーケティング費用も相当必要になっているはずです。

TIDALは、ビヨンセやリアーナ、カニエ・ウェストといった大物アーティストが共同オーナーの立場になっていますので、彼らの楽曲を独占先行配信したりしていますが、もちろんそれらにもコストはかかっているはずです。

それでも、「独占配信」「先行配信」といったサービスの提供が、現状の定額制音楽配信サービス界隈ではキーワードになっていますので、これらを止めることはできませんからね。

世界最大規模のサービスである「Spotify」ですら、未だ赤字体質が続いていますからね。

Apple Music単体での利益がどの程度のものなのかわかりませんが、「サービスとしての黒字化」が、音楽配信サービス全体の課題になってきそうです。

Source:

Tidal Posts $28M Net Loss in 2015, More Than Double From Year Before

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事