米Microsoft(マイクロソフト)は10月2日、提供中の音楽ストリーミングサービス「Groove Music Pass」とWindows Storeでの音楽ダウンロード販売を終了させると発表しました。

今後はSpotifyとの提携を拡大し、Groove Music Passを利用しているユーザーが、再生リストなどをSpotifyに移行できるように進めるとのこと。

まぁ日本で利用している人はほとんどいないと思いますが、また時代とともにひとつのサービスが終わりそうですね。

スポンサーリンク

Spotifyとの連携強化へ

Groove Music Passのストリーミングサービスは、2017年12月31日に終了とアナウンスされています。

終了後もGroove Musicのアプリ自体は利用できるようですが、定額制音楽配信サービスとしての利用や新規での楽曲購入はできなくなるようです。

また、Groove Music Passの有料会員契約を自動でSpotifyに移行させることはできないようですが、Groove Music Passのユーザー向けに、Spotifyの有料プランであるPremium プランを、60日間無料で利用できる特典を発行するとのこと。

今後Groove Music Passを利用しているユーザーが、再生リストなどをSpotifyへスムーズに移行できるツールの提供も予定されており、Spotifyとの連携を強化していくようです。

僕はマイクロソフトのゲーム機「Xbox」のユーザーだったので、Groove Musicになる前の「Xbox Music」には、少し愛着がありました。

ストリーミングサービスが音楽業界をリードしていると騒がれる昨今ですが、必ずしも全ての音楽ストリーミングサービスがうまくいっているわけではないと、改めて感じるニュースでした。
(むしろ上手くいっているサービスの方が少ない?)

Source:

Microsoft to bring Spotify to Groove Music Pass customers

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事