YouTube MusicとPremiumの加入者数が2000万人を突破!

Google(Alphabet)が始めて事業の売上に関する数字を発表したことが話題になっていますが、音楽配信サービス界隈でみると、YouTube Musicの加入者が明らかになりました。

今回の発表によると、2019年第4四半期のYouTube MusicとYouTube Premiumの加入者数が、合計で2000万人を超えたとのことです。

スポンサーリンク

ライバルと差はあるものの・・・

世界最大の音楽ストリーミング配信サービスであるSpotifyの加入者は1億1300万人以上、AppleのてがけるApple Musicの加入者が6000万人以上、AmazonのAmazon Music(Prime含む)の加入者が5500万人以上ですので、ライバルと比較すると大きく差をつけられています。

とはいえ、ずっと無料でサービスを展開してきたYouTubeが始めた有料サービスを、これだけ人が既に利用しているんですね。

かくいう僕はYouTube Musicに毎月お金を払っていますが、やはり便利です。特に広告無しでYouTubeに公開されているミュージックビデオを視聴できるのが、かなりストレスフリーで快適です。

今後、加入者は増える見込み

YouTubeは、今後Android 10が搭載されるスマートフォンやタブレット端末では、YouTube Musicアプリのプリインストールも実施していくので、さらに利用者は増えると予測できます。

YouTube Premiumに関しても、2019年も多くの国や地域で新しくサービスの提供を開始し、累計で70を超える国や地域で利用できるようになっています。

こういった、種まき施策の効果がそろそろ現れ、2020年以降は、さらに加入者数が増えていきそうですね。

Source:

YouTube Premium and Music share 20 million subscribers, YouTube TV has over 2 million

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事