Apple Music。

3ヶ月間の無料期間中はアーティストに報酬が支払われないといった話や、それを拒否するとiTunesから曲が削除されるといった話で、嫌な方の話題が先行して盛り上がっているApple Music。

そういった話を受けて、アメリカの人気歌手テイラー・スウィフトが自身のタンブラーを更新し、Apple Musicの料金システムに対して抗議する公開レターを投稿しました。Apple Muiscの3カ月無料期間中に、アーティストや作曲家に収入がまったく入らないことに抗議する内容になっています。それに伴い、最新アルバム「1989」を、Apple Musicでの配信を取り下げると言及しています。

TAYLOR SWIFT(tumblr)

テイラー・スウィフトは、過去にもSpotifyに対し定額制音楽配信サービスはアーティストに適切な収益を分配していないとの抗議を行っており、実際に「1989」をSpotify上から取り下げました。

ちなみに、AWAやLINE MUSICといった日本発の定額制ストリーミング配信サービスでも、「1989」は本日時点で配信されていません。

スポンサーリンク

抗議を受けてAppleは・・

が、こういった投稿を受けてかどうかわかりませんが、Appleのエディー・キュー氏がTwitter上にて、無料期間中もアーティストに報酬を支払う趣旨のコメントを投稿しました。

Appleは最初からそのつもりだったのか、抗議を受けて変更したのかわかりませんが(なんとなく、抗議を受けての模様)、テイラー・スウィフトの影響力は凄いですね。あのAppleの方針にまで影響を与えてしまうなんて、製造業界やIT業界からは考えられない影響力です。
本当にすごい。

アーティストに限らず、仕事に対する対価を求めるのは正当なことです。いずれにしても、新しい音楽のカタチが結局のところアーティストにとって不利益になり、音楽業界自体が衰退しないことを願うばかりです。

Source:

Apple Says It Will Pay Taylor Swift For Free Streams, After All

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事