先週書いた「記念日に!カップル動画で使う曲ランキング[2015秋編]」という記事のネタを調べている時に、僕は気付いてしまったんです。

最近、邦楽の曲タイトルに句点「。」が入っていることに。

以下が今年リリースされた曲の一部です。

「好きだ。/ Little Glee Monster」

「大好き。/ 井上苑子」

「サンキュー。/ 大原櫻子」

「記念日。feat miwa / ハジ→」

「夜空。feat ハジ→ / miwa」

など、結構な頻度で句点「。」が登場してきています。

「これ、最近の邦楽で流行ってるの?なんか意味あるのかな?」と気になり、色々と調べてみることにしました。

スポンサーリンク

その前に、僕の音楽と句点「。」の思い出

僕は、もろに「モーニング娘。」世代です。中学生の頃に爆発的に流行りました。

このグループが出てきた当時、「モーニング娘。」と、名前に句点をつける必要があると話題になりましたので、当時はかなり話題になった記憶があります。そのくらい句点「。」がつくアーティスト名というのはインパクトが強かったです。

当時は理由とか考えたことなかったのですが、Yahoo!知恵袋大先生によると、「モーニング娘。」と句点がついた理由は、ナインティナインの矢部さんが適当に言ったのを真に受けて句点「。」がついているらしいです。

引用:Yahoo! 知恵袋

本当かどうかわかりませんが、あまり深い意味はなかったんでしょうか。

それでは話題になっことを覚えているくらいなので、"インパクトを持たす” という意味で、句点「。」は重要な役割を果たしていました。

グループ名に句点がついたパターン、最近では「ゲスの極み乙女。」なんかもそうですが、こちらは句点の由来がわかりませんでした。

知っている人がいたら誰か教えてください。

曲名に句点「。」をつける曲、いつからあるのか調べてみた

で、そんな風にインパクトを残してくれたアーティスト名につく句点「。」ですが、話を戻すと、邦楽の曲名につく句点「。」です。

ここ最近にリリースされた楽曲で5件と続いていますが、これは流行りなのか、いったいいつからあったのでろうと遡って調べてみました!

結果・・・けっこう、昔からありましたね。

以下調べた限りのリストですが、1983年には既に曲のタイトルに句点「。」のついた楽曲がありました。

  • 1983年リリース

もしも明日が…。 / わらべ
君に、胸キュン。 / イエロー・マジック・オーケストラ

  • 1984年リリース

君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。 / 中原めいこ

  • 1991年リリース

どんなときも。 / 槇原敬之

  • 1999年リリース

胸に降る雨、胸に咲く花。 / ROUAGE

  • 2000年リリース

肌色。 / ROUAGE

  • 2001年リリース

プライマル。 / THE YELLOW MONKEY

  • 2003年リリース

あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。/ クレイジーケンバンド

  • 2004年リリース

奇跡の香りダンス。 / 松浦亜弥
愛のために。 / 上戸彩
大好きだよ。 / 大塚愛
ね、がんばるよ。 / Kinki kids

  • 2005年リリース

おかえりなさい。 / 柴田淳
好きやねん、大阪。 / 関ジャニ∞

  • 2006年リリース

5センチ。 / WaT

  • 2007年リリース

「職業:アイドル。」 / アイドリング!!!

  • 2011年リリース

螺旋、或いは聖なる欲望。/ 飛蘭
バッハの旋律を夜に聴いたせいです。 / サカナクション
ずっと。 / 青山テルマ
サヨナラ、ありがとう。 / 東京女子流
あの太陽が、この世界を照らし続けるように。 / コブクロ
明日、僕は君に会いに行く。 / ワカバ

  • 2012年リリース

世界で一番キミが大好き。 / TiA
忘れないよ。 / 中島愛
好きよ、純情反抗期。 / スマイレージ
寒いね。 / スマイレージ
愛でした。 / 関ジャニエイト

  • 2013年リリース

げんし、女子は、たいようだった。 / 上坂すみれ

いかがでしょうか。

何故か2014年リリースの楽曲でタイトルに句点「。」が付いているものを見つけられませんでしたが、意外とありますね。たぶん探せば2014年リリースもありそうです。

確かに、最近になって増えてきているような気もします。

いったい何故。句点「。」がついているのでしょうか?

句点「。」は、やわらかい表現を出したい時に使う?

こうやって曲を並べてみたものの、ぱっと見たところ、あまり法則はありません。

が、あえて法則を見つけるなら「好き」とか「愛」とか「ありがとう」とかそういった感情を表現する際に、やわらかさを付け足すために句点「。」をつけているようにも思えます。

あれですね、活字にした時のイメージです。ドラマの台詞とかを漫画のコマとかでありそうな、「大好き。。。」みたいなやつです。

「そもそも日本語として句点は〜」みたいな話をするつもりはありませんが、最近はある種の感情表現として、句点「。」が使われているという説が有力な気がします。

もうちょっと深く調査しないとダメですが、そのうち「ヒット曲はタイトルに句点をつけろ!」みたいな話ができるように調べてみます!

ハジ→さんの曲には、全て句点「。」がついている

余談ですが、最近人気の「ハジ→」さん、彼の曲のタイトルには全て句点「。」がついています。

これも理由があるのか調べたところ、うたまっぷさんのインタビューに回答がありましたので、引用して紹介します。

まず、僕が調べた限りでは、日本人で全部のタイトルに句点を打った人はいないということ。つまり誰もやっていないことをやりたかった(笑)。そして句点は日本の文化であると思っています。英語だとピリオドという点だけど、日本語はマルなんです。そうすると外国人は、このマルは何だっていうことになります。これからの僕の夢であり目標は、日本という国、日本の良さを届けられる人になりたいということです。活動は世界を目指しているし、そのときに句点はアイキャッチになると思うのです。そうやって日本の文化を世界に発信したいなと(笑)。

引用元:うたまっぷ

・・・やっぱり、アイキャッチとして、印象づけたいという理由だった!!

でも、きっと「好き。」とか「愛。」みたいな使い方が、新しい表現として、これからもっと流行りそうな気がします。

終わり。

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
バンドレビュー
photo by Neon Tommy 下北沢を拠点に全国のライブハウスで活動している「RISING CONTRAST(ライジング コントラ...