avexとサイバーエージェントが手がける定額制音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」は、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と、音楽事業における業務提携したと発表しました。

この業務提携により、AWAとTikTokがサービス連携し、新たにDA PUMP、倖田來未など主にavex系レーベルに所属するアーティストの楽曲2.5万曲を、TikTokの動画撮影時に利用することが可能になります。楽曲は随時追加を行い、年内で利用可能楽曲数500万曲を目指しているとのこと。

スポンサーリンク

AWAユーザーは著作権問題をクリアした音楽利用が可能に

今回の提携により、具体的に実現できる項目ですが、以下の領域で連携を図り、両サービスにおけるコンテンツ拡充や品質の向上に努めるとアナウンスされています。

具体的には

  • 「AWA」に登録しているユーザーは、「TikTok」上で音楽をフル再生することができ(※1)、「TikTok」を音楽プレイヤーとして楽しむことが可能に
  • 「AWA」内で「TikTok」へのシェア導線を追加し、よりシームレスに両サービスの利用が可能に
  • 「TikTok」アプリ内に公式AWAチャンネル開設し、「TikTok」ユーザーにおすすめ楽曲をリコメンド
  • 「TikTok」ユーザー向けのAWA有料プラン優待キャンペーンを実施

など、実施されるようです。

11月初旬より具体的なサービス提供が始まり、今後両社で連携をはかり、新人アーティストの発掘・オーディションや、オリジナル楽曲の制作、共同プロモーション・キャンペーンなど、多角的な事業展開を行うようです。

なお、 「AWA」のStandardプランに登録している場合はフルで楽曲が再生でき、Freeプランに登録している場合は、やはり30秒~90秒のハイライト再生になるようです。

AWAの詳細や具体的な使い方については、こちらの記事も参考にしてください。

Source:

AWA株式会社と世界的ショートムービープラットフォーム「TikTok」が業務提携

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事