東京都内にて活動する宅録インディポッププロジェクト「Japanese Summer Orange」の初MV「Let Me Get You Some Beers」が公開されました。

スポンサーリンク

Japanese Summer Orangeとは

Japanese Summer Orangeは2018年から始動した、 現役大学生による宅録プロジェクト。インディポップ、 ベッドルームポップ、 ドリームポップなどの影響を受けたそのローファイな音像は、 90sリヴァイバルに軸足を置きつつも、 2018年の日本の若者が鳴らすべく再構築された、 懐かしくも再先鋭のギターポップ。

「Let Me Get You Some Beers」 はそのインディポップにオルタナの要素を掛け合わせたような、 けだるげなメロディラインとギターが特徴的な一曲。本人は「 酔っ払って死にたくなったときに聴きたくなる曲。 自暴自棄になったときに聞いてほしい」と語る。

MVの公開よりもはるか前に、 各種サブスクリプションサービスで既発。 ライブの予定は今も昔もゼロと、 型にはまらない活動の仕方を見せる。( ライブオファーは絶賛募集中とのこと)

映像はセンスフルなインディバンドの映像を多く手掛ける皆様ズパ ラダイスが担当。 楽曲のモチーフとなるビールをしこたま飲んでゲラゲラ笑いながら 1日で作ったため、最高にローファイな仕上がりとなったそうだ。

YoutubeURL

Japanese Summer Orange - Let Me Get You Some Beers

音源情報

Apple Music、Spotify、Google Play Musicほか各種サブスクリプションサービスでの配信および各 種ストアにて販売中。

Apple Music

Let Me Get You Some Beers - Single

Spotify

Let Me Get You Some Beers

Google Play Music

Let Me Get You Some Beers

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事