ついに、椎名林檎の楽曲が定額制音楽配信サービスにやってきました!

90年代の大物J−POPアーティストが続々サブスクリプションサービスでの楽曲ストリーミング配信を解禁中です。

今年デビュー20周年を迎える椎名林檎ですが、2018年5月27日から、Apple MusicやGoogle Play Music、Spotify、AWAやLINE MUSICなど、多くの定額制音楽ストリーミングサービスで椎名林檎の楽曲配信が開始されました。

僕がGoogle Play Musicで確認した限り、デビューシングルである「幸福論」から、2017年リリースのアルバム「逆輸入 ~航空局~」、2017年リリースのGINZA SIX オープニングテーマソングである「目抜き通り」まで配信されていました。

先日Mr.Childrenの楽曲がサブスクリプションサービスで配信開始された時にも書きましたが、2017年後半以降宇多田ヒカルや福山雅治、Mr.Childrenなど、90年代・00年代に日本の音楽シーンを盛り上げた邦楽アーティストのストリーミング配信解禁が続いていますね。嬉しい限りです。

ほんと何回も書きますけど、後はB'zとL'Arc~en~Cielがストリーミング配信を解禁してくれれば・・・言うことないな。

Source:

椎名林檎全曲サブスク・ストリーミング配信開始!

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事