【2020夏】TikTok(ティックトック)で人気の曲名・流行りの音楽・歌の原曲を調べてみた【最新】

最近流行りのリップシンク型の動画投稿アプリ「Tik Tok(ティックトック)」でよく使われている人気曲や音楽・歌の原曲を調べてみました。(※最終更新日は2020年6月15日)

リップシンクの動画投稿に使われる曲は、原曲をトラックメイカーがアレンジして「Original Sound」となっている曲がほとんどなので、意外と曲名がわからないんですよね。

ということで、せっかくなのでよく使われている人気音楽・曲の原曲を紹介していこうと思い調べています。

目次

スポンサーリンク

【2020夏】TikTok(ティックトック)で人気・流行りの音楽の原曲

今回から随時更新ということで、2020年夏(6月)バージョンです。日本語の曲は歌詞を聴けば原曲を探せるので、洋楽多めですが、上から順番に、最新の流行・人気曲、これまでに流行った曲の振り返りの流れで紹介していきます。

それではいってみます。

Conkarah - "Banana (feat. Shaggy)

Simple Plan - I'm Just A Kid

家族や友人との過去の写真と現在の写真を比較する(同じ構図で撮る)動画がたくさん流行った時に使われていた曲です。Simple Plan とか、バンドマン的に懐かしい曲です。

Def Tech - My Way

2020年4月頃からずっと流行ってますね。これから夏が来ますが、夏にも合うナンバーなので、まだまだ人気は続きそうです。しかし、さっきのSimple Planといい、現在30代半ばくらいの世代が若い時に流行った音楽がTikTokでリバイバルヒット的な動きをするのは面白いです。

Shuta Sueyoshi - HACK

AAAの末吉秀太が投稿した「HACK」の TikTok動画がバズってますね。いろんな人がこの曲を使ってTikTokに動画投稿しています。

yama - 春を告げる

これぞTikTokの醍醐味といえますが、TikTok発で大ヒットしたナンバーで、5月末にはSpotifyのバイラルチャートで2位に食い込むまでヒットしました。リアルな場での活動はほとんどなく、YouTubeやTikTokといったオンラインでのバズがヒットに繋がる流れは、今後ますます加速してそうです。

りりあ。 - 浮気されたけどまだ好きって曲。

先程のyama同様、YouTubeやTikTok発で人気を集めるアーティスト、りりあ。のナンバー。同世代の共感を呼ぶ歌詞に合わせたPV風の動画をみんなTikTokに投稿しています。

Meduza, Becky Hill, Goodboys - Lose Control

イタリア発のDJ/Producerトリオである「Meduza(メデューサ)」の2019年のヒットナンバー。2020年初頭からずっとロングヒットが続いていますが、今年の夏も使われ続けるか。

Edward Maya & Vika Jigulina - Stereo Love

10年以上前にリリースされた音楽ですが、このように突然流行りだすのがTikTokの面白いところですね。

Avicii - SOS (Fan Memories Video) ft. Aloe Blacc

スウェーデン出身のDJ/producerであるAviciiの遺作で、大ヒット曲Wake Me Upでもボーカルを務めたAloe Blaccが参加している楽曲、リリースからまもなく一年経ちますが、根強い人気を誇っています。

TONES AND I - DANCE MONKEY

2019年にデビューしたばかりのオーストラリアのシンガーソングライターTONES AND I」ですが、TikTokだけでなく、いろんなところで楽曲を聞くようになりましたよね。

Jake Miller - Rumors

アメリカのシンガーソングライター「Jake Miller」が2015年に発表した楽曲。僕は、この軽快なダンス・ポップの原曲が大好きです。

Stray Kids - Astronaut

K−POP界のニュースター「Stray Kids」が2019年にリリースした楽曲です。彼らは韓国の音楽デビュー番組「Stray Kids」を通じて選抜され、JYPエンターテインメント所属なので、これから爆発的に世界中でヒットしていきそうです。もうしてるか。

Justin Bieber - Yummy

ご存知Justin Bieberの最新曲である「Yummy」も根強い人気があります。独特の雰囲気感が出てきましたよね。

TikTok(ティックトック)で過去に人気・流行りの音楽の原曲

ここからは過去に流行った・人気だった曲を時系列別に紹介していっています。もう1年以上追いかけていますが、本当にいろんな曲が使われてきましたね!

Justin Bieber ft. SHAUN - Way Back Home

もともとは韓国人歌手のSHAUNが2018年にリリースした楽曲ですが、多くのアーティストやDJによってエディット/カバーされています。紹介しているのはジャスティン・ビーバーが2019年にリリースした版です。

Ashnikko - STUPID Feat. Yung Baby Tate

ティックトック内でむちゃくちゃヒットしているナンバーはロンドン発ラッパーのAshnikko(アッシュ二コ)が手掛けるナンバー。見た目の奇抜さも目を引きますが、音楽の独特な感じも世界に引き込まれていきます。

Anne-Marie - 2002

イギリスのシンガーソングライターである「Anne-Marie(アン・マリー)がイギリスのシングルチャート入を果たしたナンバー。この楽曲はエド・シーランが手掛けています。

Novelbright - Walking with you

大阪発の5人組バンド「Novelbright(ノーベルブライト)」の「Walking with you」もTikTok内で大流行するという現象が。路上ライブの模様がTikTokで大拡散するという新しいバズのカタチを見た気がします。

Official髭男dism - イエスタデイ

2019年大ヒットした邦楽アーティスト「Official髭男dism」のナンバー。先の「Novelbright」もそうですが、邦楽ロックが普通にTikTok内で流行りますね!

Stella Jang(ステラジャ) - Colors

韓国のシンガーソングライター「Stella Jang(ステラジャ)」が2017年にリリースしたナンバー。TikTok内でもK-POPは人気ありますね、やっぱり。

Lil Boom - Already Dead

こちらも、もう全然意味がわかんないんですけど、日本の同人CDが、サンプリングにエディット、ついでにラップまで重ねられて2019年夏にTikTokのバイラルやSpotifyのバイラルで海外で大ヒットするという自体に。ほんと、こんな音楽の流行り方すごい。

LITTLE BIG — I'M OK

2013年にロシアで結成されたレイブバンド「LITTLE BIG」が2019年6月にリリースしたナンバー。繰り返し癖になるフレーズが印象的です。

Fitz and the Tantrums - HandClap

大流行した「ダイエットダンス」で使われている曲です。ロサンゼルス発のポップバンド「Fitz and the Tantrums」が2016年にリリースしたナンバー。

Charli XCX - Boys

こちらの楽曲は以前から使わていますが、定期的に投稿されることが多いナンバー。チャーリー・エックス・シー・エックスはイギリス初の女性歌手。

Baby Ariel - I Heart You

2000年生まれの新世代YouTuberであるBaby Ariel(ベイビー・アリエル)がリリースしたナンバー。彼女はもともとTik Tokと統合された「musical.ly」で有名でしたね。

KYLE - Hey Julie (feat. Lil Yachty)

この曲と同じくLil Yachtyとフィーチャリングした「iSpy feat. Lil Yachty」にて、スターダムを駆け上った若手ラッパーKYLEの一曲。他にもKYLEの曲は使われていますね。

Marshmello - Here With Me Feat. CHVRCHES

EDM界のスター「Marshmello」と、スコットランドのグラスゴー出身のエレクトロポップ・バンド「CHVRCHES」がコラボした一曲。EDMはそんなに聞かないのですが、CHVRCHES好きなので、僕はこの曲好きです。

Shawn Mendes - If I Can't Have You

1998年生まれ、カナダはトロント出身のシンガーソングライター「Shawn Mendes」のナンバー。今年は10月に来日講演も控えてますよ。

Taylor Swift - ME! (feat. Brendon Urie)

誰もが知っている歌姫「Taylor Swift」とロックバンド「パニック・アット・ザ・ディスコ」のブレンドン・ユーリーがコラボした一曲。ちなみに、パニック・アット・ザ・ディスコの、バンドにおける正式メンバーはブレンドン・ユーリーのみです。

Ed Sheeran & Justin Bieber - I Don't Care

語るまでもないですが、エド・シーランとジャスティン・ビーバーという超大物二人がコラボした一曲。MVが謎すぎて、若干クセになりそうです笑

Ava Max - Not Your Barbie Girl

アメリカの新世代歌姫「Ava Max(エイバ・マックス)」のナンバー。音楽活動自体は2008年から開始していますが、2018年に発表した「Sweet but Psycho」が米ビルボードの Dance 100で1位獲得し、一気にスターの仲間入りを果たしています。

Clean Bandit - Symphony feat. Zara Larsson

2009年にイギリスで結成されたエレクトロニックグループ「クリーン・バンディット」の代表曲。たぶん多くの人が元ネタの曲も聞いたことがあると思う。

Ariana Grande - thank u, next

世界の歌姫「Ariana Grande」が、自身の元カレたちについて歌っているナンバー。直訳したまま「ありがとう、次」という、なんとも直球なタイトルの一曲です。

Bebe Rexha - Ferrari

アメリカのポップシーンの注目株シンガーソングライター「Bebe Rexha(ビービー・レクサ)」の一曲。音楽にも注目だが、ミュージックビデオも今どきらしく縦型動画に。

Nissy(西島隆弘) -トリコ

2018年9月末にリリースされた「Nissy(西島隆弘)」の最新曲、2018年10月5日公開の映画『あのコの、トリコ。』主題歌です。

あいみょん - 今夜このまま

邦楽シーンをリードする「あいみょん」の6枚目シングル。日本テレビ系「獣になれない私たち」 の主題歌になっており、なんだかんだドラマの主題歌は話題を集めます。

MAKJ & Timmy Trumpet Feat. Andrew W.K. - Party Till We Die

2016年に発表された楽曲で、これも多くの人がメロディ(リフ)を聞いたことがあると思います。良い感じにアレンジされたのが使われることも多いですね。

Baby Ariel - Perf

2000年生まれ、デジタル世代・ネット世代のニューヒーロ「Baby Ariel」のナンバー。エンタメ界隈での注目インフルエンサーとして海外では有名ですね。

BLACKPINK - ‘뚜두뚜두 (DDU-DU DDU-DU)'

説明不要、BLACKPINKの最新曲。マジで今の10-20代の女の子にBLACKPINKは大人気。某イベントでBLACKPINKの曲がかかっただけで(本人きてないのに)ザワメキが起こったのは衝撃でした。

Tez Candy - Seve

フランス出身のハウス系トラッックメイカー「Tez Cadey」により、2015年10月に公開された楽曲です。最近ダンス動画のBGMとして、たくさんの動画で使われています。

David Guetta ft Justin Bieber - 2U

2017年6月に公開されたが曲でEDM界のトップDJであるDavid GuettaとポップスターJustin Bieberがコラボレーションした楽曲です。

世界的に有名な下着ブランドである「Victoria’s Secret」のトップモデルである「The Victoria’s Secret Angels」によるリップシンク動画のMVも有名な一曲。

Matteo - Panama(シリシリダンスの原曲)

めちゃくちゃ大ヒットしているシリシリダンスの原曲は、2013年にルーマニアのレゲエアーティスト「マッテオ」が発売した「Panama」という楽曲です。

大ヒットを受けて、ロゴ無料配布などキャンペーンも始まっていますね。

David Guetta - Where Them Girls At ft. Nicki Minaj, Flo Rida

2011年6月に公開された楽曲です。こちらもEDM界のトップDJであるDavid Guettaと大物ヒップホップアーティストNicki Minaj, Flo Ridaの3人がコラボレーションした楽曲。

Gnarls Barkley - Crazy

原曲は2007年に公開されているかなり渋いロックですが、「Musical.ly」や「Tik Tok」で有名なのは、Daniela Andradeにカバーされたバージョン。

カバーのカバーのハウスアレンジとか、果てしない進化をしていますね・・・。

Flori Mumajesi - Beautiful ft. Ledri Vula

この曲もアレンジされた音楽がむちゃくちゃ使われています。完全にHOUSE系アレンジにより原曲とは雰囲気がかなり離れていますが、1分30秒あたりからが対象の場所です。ちなみに、アレンジ後のよく使われている方はこちら。全然違いますよね。

足立佳奈 - 私今あなたに恋をしています

あいみょん - 愛を伝えたいだとか

2017年5月3日発売のアイミョン 2ndシングル「愛を伝えたいだとか」です。ゆるくてグルービーなサウンドは中毒性が高いですよ。

倖田來未 - め組のひと

わざわざ紹介するまでもないかもだけど、謎のはやりを見せた一曲。ほんと音楽って、何がきっかけに再ブレイクしたりするか全くわからないな。

【好想你 I MiSS U】 Joyce Chu 四葉草@RED PEOPLE

はさみーはさみーはさみーはさみー、ってやつですね。

London On Da Track - No Flag (Audio) ft. Nicki Minaj, 21 Savage, Offset

Rihanna - S&M

Ariana Grande - One Last Time

Britney Spears - Toxic

Rihanna - Disturbia

Camila Cabello - Havana ft. Young Thug

Sia - Snowman

Ariana Grande - Greedy

まとめると

いかがでしょうか。

調べていて思ったのですが、Tik Tokの方は最近、若干顔芸アプリのようになってはきています。

もちろん音楽に合わせたリップシンク動画も少なからず投稿されていますし、Tic Tokの方は「原曲」がそのまま使われていることが多い印象でした。だから曲名は動画内に表示されるので、わざわざ調べて書く必要もなさそうですね。

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事