今週の注目アーティストをお届け!「BIG UP! tunes weekly」(2020.06.06)

今週から、エイベックスが手掛ける音楽ディストリビューションサービス「BIG UP」経由で配信が始まった、注目タイトルのプレイリスト「BIG UP! tunes weekly」を紹介していきます。

最近全然新しい音楽に出会える時間を取れていなかったのですが、こういうところから、また良い音楽と出会えればと僕自身も思っています。

それでは、2020年6月1週目、いってみましょう。

スポンサーリンク

BIG UP! tunes weekly (2020/06/04)

①YOHLU / FLIGHT LIGHT (2020/06/03 配信シングル)

「FLIGHT LIGHT」には、名古屋生まれのトラックメイカーPeach Boiと、 Ovallの関口シンゴ、また、所属する福岡の15人組コレクティブBOATからはMADE IN HEPBURNのgoe、そして Osamu Fukuzawaが参加。YOHLUのネクストステージを感じさせる会心の1曲になっている。

②Frasco and SKYTOPIA / mizu (2020/06/03 配信シングル)

【両バンドの新天地となる新曲!!!!】 水曜日のカンパネラケンモチヒデフミとのコラボやグラミーノミネートアーティストstarRoのREMIX、春からはJ-WAVEのナビゲーターも務めるFrasco、元Kero Kero Bonitoでロンドン出身のプロデューサーSKYTOPIA。東京のインディーエレクトロシーンで存在感を高めてきた二組がコラボ楽曲第二弾リリース!
水をテーマとし、レゲエ、アフロビート、エレクトロ等ジャンルを横断した、ありそうでなかったエレクトロポップス。

https://frascotts.com/

③MARQUEE BEACH CLUB / feel (2020/06/03 配信シングル)

茨城県水戸発のバンド、MARQUEE BEACH CLUB 。3年の活動休止を経て2020年4月から活動を再開。
男女ツインヴォーカルによる耳馴染みのあるメロディと海外インディを彷彿とさせる多国籍感のあるバンドサウンドを武器にGOOD MUSICを生み出す。配信限定シングル”feel”はここからすべてが始まっていく"心踊るようなときめき"を歌った一曲。

https://marqueebeachclub.tumblr.com/

④愛はズボーン / READY GO (2020/06/03 配信シングル)

2017年に発表された『生きてるって感じ』以来、3年ぶりとなる金城昌秀とGIMA☆KENTA作詞作曲の共同作品。
フルアルバム発売に先駆けてのリリースとなった本作は愛はズボーンから届いた「準備完了」の合図となった。 最早愛はズボーンらしいと言っても過言ではない打ち込み要素にラップ調の歌詞で制作された作品の流れを汲みつつ見事に塗り替えた。
イントロから楽曲の至る所に仕掛けられたギミックは一筋縄でいかないエキセントリックなひねくれ感が満載となっているが、飄々としたギターリフに畝るベースとドラムの生々しさが根底に有るバンドサウンドには4人が次作のフルアルバムで加速する姿を窺わせる。

https://iwzbn.com/

⑤NIBBLES / Como Soy (2020/06/03 配信アルバム)

HOLIDAY! RECORDS推薦、未来派オルタナティブロックバンド。
サイケデリックなサウンドと、キャッチーなメロディ展開が特徴。

⑥青木歌音 with Reflexion / KUSARI (2020/05/29 配信シングル)

UUUM所属、元男の子として生まれ女性として生きる元男の子系YouTuber、青木歌音。
青木歌音 with Reflexionとして2019年3月に「かさぶたのワタシ」をリリースし念願の音楽活動を始動。男と女の声の中間で発生する「ウィスパーボイス」で歌いあげる。

⑦初恋モーテル / 形状記憶 (2020/05/30 配信アルバム)

生活の隙間風のようにさりげなく、そして当たり前のような歌を。
気づけば日常になったその生活を切りとって、不器用な4人組が毎日を生きるあなたに捧げるファーストミニアルバム。

https://hatsukoimotel.themedia.jp/

⑧TERA feat. 音楽かいと / 宇宙旅行 (2020/06/03 配信シングル)

【TERA×音楽かいと×リスナー!?】 'TERA'と'音楽かいと'コラボ第三弾となる今作は、 インスタグラム内の生配信機能を利用。 作詞・作曲などの過程を余すことなく配信し、 リスナーからの生の声(コメント)を軸に製作された。

⑨KOIBUCHI MASAHIRO feat. BEAST WARS / KEEP ON MUSIC (2020/06/03 配信シングル)

「KEEP ON MUSIC それがすべて。」東京や茨城を拠点とするバンドMARQUEE BEACH CLUBのボーカルKOIBUCHI MASAHIROと、3ピースバンドBEAST WARSがコラボ。エレクトロダンサンブルな1曲に仕上がっている。

⑩Broken my toybox / 二度寝をしようよ (2020/06/03 配信シングル)

Broken my toybox、2nd demo single. 2016年結成5月結成。
綺麗事のない残酷の中のかすかな灯火を歌い、時に突き放し痛みを歌うギターロックバンド。

https://brokenmytoybox.jimdofree.com/

⑪Rhythmic Toy World / VITE (2020/06/01 配信シングル)

人気ロックバンドRhythmic Toy Worldの3ヶ月連続デジタル配信リリースが決定!!
第一弾は、現在を生きる全ての人に向けた「未来」へ突き進んでいく為のエールソング「VITE」をリリース!!" 君に会えない日が どれだけ続いても 笑い合える日が どれだけ遠くても 唄を歌うよ 距離は時間は心だ "

http://rhythmictoyworld.com/

⑫田中タリラ / ヒットナイトミュージック(欲望の) (2020/06/03 配信シングル)

唯一無二のトラックメイカー、田中タリラが送るソロデビュー曲♪
ソウル・ファンクなどをルーツにした極上コーラスバンド"Dannie May"のキーボード/ヴォーカルでサウンドメイキングを行なっている田中タリラによるソロ・シングル!
バンドでは幅広い音楽知識から複雑な楽曲から躍動感溢れるポップ・チューンまでサウンドメイキングを行なっているが、バンドとは違ったアイデアをキュッと詰め込み、聴いたらすぐわかる独特なサウンド感と声に個性100%の"タリラサウンド"が完成!!

⑬yuzuha / embrace (2020/06/03 配信シングル)

2000年生まれのロックシンガーyuzuhaによる1stシングル。今作を含む1st EPも近日リリース予定。優しく柔らかく横に流れる歌声とサウンドが心地よい一曲。

https://www.instagram.com/yuzzha_/

⑭小野雄大 / ひかりのなかへ (2020/06/03 配信シングル)

悲しい時に背中を押したり、一緒に騒いだり、ちょっと良かった1日をもうちょっとよくしたり、こんなこともあったと一緒に振り返ったり、日々の機微に合わせてセレクトできる多彩な詩の世界観が必見。小野の弾き語りスタイルをベースとしつつ、山田丈造が全曲アレンジし、ポップス、ジャズ、ブルース、ファンクの香りが散りばめられている。
古き良きも新しきもサウンドに詰め込まれた聴き甲斐のある1枚。

https://ydon79.amebaownd.com/

⑮YUAMI / 降り出した東京 (2020/06/03 配信シングル)

20歳の大学二年生。大学生活の中で音楽活動に徹することを決意したのは、上京してから数ヶ月経った頃。
都会的なサウンドに憧れを持っていて、その意味でバンドよりも表現しやすいのではないかという思いから一人、シンガーソングライターになる。「東京、まれに降る雪」は僕の中で色々な事を思い起こさせる何かがきっかけでフラッシュバックしたり、それは嫌な事だったり、後悔だったり、笑ってる自分だったり…様々な人が “あ、あの時…” “忘れちゃったかな” と、過去を振り返って不安になったり、センチメンタルになることがあると思います。その形容し難い儚さ、憂い、後悔、侘しさ、願い…をサウンドとして表現して、過去を見ず前を向くという決意と新宿駅で雪景色を見て受けたインスピレーションによって制作された70トラックからなるYUAMIスタート曲。

https://www.instagram.com/im4uy/

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事