2019年2月末時点で、アメリカにおけるSpotifyの有料会員数は2600万人、対するApple Musicの有料会員数は2800万となり、ついにApple Musicの有料会員数がSpotifyを上回ったようです。

実際には、AppleもSpotifyも国レベルでの利用者数データは開示していないので両社はコメントを控えているようですが、ロイターやウォール・ストリート・ジャーナルなど、複数のアメリカのメディアが報じています。

しかしながら、Spotifyには、全世界で9600万人のプレミアム会員と2億7000万もの月間アクティブユーザがおり、2月の最新の決算報告の時点では、Spotifyには、カナダは含むがメキシコを含まない北米地域に、2880万の有料会員数がいると(6210万人の月間アクティブユーザがいる)述べていますので、もしかすると、まだSpotifyの有料会員数の方がアメリカにおいても多いかもしれません。

また、グローバルでみると、先に紹介した通りSpotifyは3億人近いアクティブユーザの基盤をもっていますので、当面の間、優位は続きそうですね。さらには、現在進行系で南米では音楽ストリーミング配信サービスの普及が進んでいますし、今後はインドなどでもサービスが広がっていきそうです。

当面の間両社の競争は続きそうですね。

Source:

Apple Music's U.S. subscriber count overtakes Spotify

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事