昨年末からβテストを行いっているYouTubeの定額制音楽配信サービス「YouTube Music Key」ですが、海外メディア「Fortune」がYouTubeのCEOであるSusan Wojcickiに対して行ったインタビュー動画によると、年内にはサービスを開始する予定であると明言していました。

インタビュー動画はYouTube上に公開されています。(※英語です)

YouTube’s plan to be the next music giant

スポンサーリンク

YouTube Music Keyとは

昨年11月頃にβサービスとして発表されましたが、「YouTube Music Key」では、広告のないミュージックビデオの視聴や、YouTubeアプリのバックグラウンド再生を可能にしたり、さらにはオフライン状態であってもMVを再生できるようにもなるといった機能を、月額9.99$で提供すると言われています。

YouTubeアプリのバックグラウンド再生くらいは、このサービス関係なく普通に対応してほしい内容ですけどね。

現在は、アメリカとヨーロッパの数カ国で一部ユーザーにのみ限定してテストサービスを行っており、テスト期間を少し延長し9月15日までは行うことになっています。今回、CEOが自ら年内にはサービスを提供すると明言したので、いよいよ期待できそうです。

音楽の世界を変えたYouTube、定額制音楽配信の世界も変えるか

僕は、日本の音楽の世界、聴き方を大きく変えた要因の一つとして、YouTubeの登場はとても大きなインパクトがあったと思っています。

YouTubeが日本で本格的になり各レコード会社が真剣にYouTubeに音楽を配信するまでは、好きなアーティストのPVやMVを見る機会なんてほとんどなくて、MTVやスペースシャワーに加入して見るのが普通でした。

YouTubeが登場する前、2005年頃までは僕もMTVやスペースシャワーを食い入るように見ていました。今でもこれらのサービスには加入していますが、PVやMVを探すのは完全にYouTubeになりました。

そのくらい、本当に大きな影響を音楽業界やユーザーに与えたと思っています。

ただし、定額制音楽配信サービスは、もはや多くのプレイヤーが参入しているので「YouTube Music Key」の参入はあまりに遅すぎる気もしますが。。

また、現状日本での利用可否については何も明言されていませんが、YouTubeが開始された時のような、何か新しい・驚きの体験を提供してくれることを期待してしまいます。

YouTube Music Key

YouTube Music Key

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事