2014年4月結成、都内だけでなく全国のライブハウスで活動する3人組ロックバンド「Pandemia Rabbit(パンデミア・ラビット)さん。

感情的で少し切ないメロディーを歌うボーカルさんの声に合わせたギターロック系の音楽が印象的。

スポンサーリンク

ベースさんはレフティー

左利きのギタリスト、超大物の有名な人ではポール・マッカートニーやジミ・ヘンドリックスなどいるが、左利きのベーシストを僕はほとんど知らないことに気づいた。誰か教えてください。

しかし、初めて見たけどレフティーのベースさんの演奏スタイルがカッコイイ。

いや左利き関係なく、渋いベースラインで演奏されていて素敵だ。
僕は8ビートロックの中に登場する、オクターブ以上移動している、"うねるようなベースライン”が大好物だ。

いろいろなところで聴こえてくるベース音に、同じベーシストとして憧れた。

明暗、夏と浮遊

軽快なギターサウンドが特徴的なロックナンバー。

3ピース構成なので音数は少ないが、それぞれが隙間を埋めるように演奏しているので、音圧的な物足りなさは全く感じない。
また楽曲内での変化にも富んでおり、約4分少しの曲内でリズミカルな決めドコロや疾走感のあるフレーズ、ゆったりと包み込むような表現など、いろいろな要素が登場してくる。

どの楽器の音やフレーズもかっこいいが、個人的ベストは、Aメロで聴こえてくる抜けるようなスネアの音。

YouTubeに公開されているPVでは、曲のイメージと映像がピッタリ合っていて世界に引き込まれた。

明暗、夏と浮遊。

0.5

こちらもYouTubeに公開されているミュージックビデオ。
少し切ないボーカルのメロディーだが、ギターロック色が強くなっているアップテンポな一曲。

先ほど紹介した通り、この曲のベースラインは本当に好きだ。聴いていて本当に楽しい。

0.5

  • Official Website
  • https://pandemiarabbit.web.fc2.com/

    スポンサーリンク
    合わせて読みたい

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事
    小ネタ
    Marshall。マーシャル。 ギタリストなら誰でも使ったことのあるアンプ。 自宅用の低出力ミニサイズからスタジオ やライブハウス用の高出力...