今日はレビューというか単純な紹介になってしまうけど、「He the She(ヒーザシー)」というバンドさんについて紹介してみる。

ブログのTwitterをフォローしていただいて、バンドの存在を知ったので書いていこう。

スポンサーリンク

バンドを辞めず、もう一度活動を始めたバンド

実はこのブログでも2年位前に「Pandemia Rabbit(パンデミア・ラビット)」というバンドを紹介したことがあるけど、残念ながら2017年3月末に解散してしまった。

カッコいいギターロックかつ渋いベースラインが印象に残っている。あとレフティーのベースさんも。

そのPandemia Rabbitが解散したものの、結局新メンバーを迎えて新しく結成したバンドが、今回紹介している「He the She(ヒーザシー)」さんだ。

こうなった経緯の詳細はオフィシャルサイトのバイオグラフィーにも書いてあるけど、そのエピソードがなかなか素敵だ。
バンドは楽しいなぁ。」って言葉が身にしみる。

 

he-the-she-バイオグラフィー

 

僕自身はプロフィールにも書いているけど、本気でのバンド活動は大学卒業後、社会人になってすぐ辞めてしまった。

僕の本気はそれまでのものだったのかもしれないけど、その後も当時のメンバーとは、ちょくちょく集まってスタジオ入って気分展開したりしている。

30代に入った今でもスタジオで楽器を弾くと「バンドは楽しいなぁ。」って僕でも思う。

He the She(ヒーザシー)さんが今後どんな活動を続けていくのか僕には分からないけど、音楽に関わる形は色々あるし、陰ながら応援したいという気持ちで今回紹介してみた。

初ライブは6月24日(土) 下北沢MOSAiCにて

2017.06.24(Sat) 東京 下北沢MOSAiC

    • He the She pre."はじまりの陽射し"

 

    • Open 18:00 / Start  18:30
    • Adv. ¥2,000- / ¥2,500- (+1Drink)

  • Act : He the She / 空創ワルツ / 3markets[ ] / +1Band(前日解禁!!)
  • Opening act : ワヅカ

He the She - 日々の果て【Music Video】

 

日々の果て

Official Website:

He the She | ヒーザシー official web site

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
音楽配信サービス
海外のメディアを中心に、世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、Amazon Echoのような独自のハードウェア開発を計画...