なんだか迷走していますねぇ。

米Bloombergによると、YouTubeは2018年3月に新しい有料の音楽ストリーミングサービスを開始する予定とのことです。信頼できる情報筋からの情報として、報じられていますね。

音楽配信サービスで先行しているApple MusicやSpotifyといったライバルに追いつくために、新しいサービスを展開するとのことですが、果たしてどうなることやら。

スポンサーリンク

Googleにとって3度目(4度目?)の有料音楽配信サービスになるのか?

Googleはこれまで、現在日本でも提供されている定額制音楽ストリーミングサービス「Google Play Music」、広告無しでYouTube上のミュージックビデオを視聴できる「YouTube Music Key」、現在アメリカや韓国で展開中のYouTube独自コンテンツを視聴できる「YouTube RED」と、3つの有料サービスを提供してきました。

このうちYouTube Music keyは、現在YouTube REDと統合されており、そのYouTube REDもGoogle Play Musicと統合する噂が流れていますが、今回報じられているサービスは、全く別物の、新しい音楽ストリーミングサービスになるようです。

この新サービスは、Google(Youtbe)内部では「Remix(リミックス)」と言われており、すでにワーナー・ミュージックは契約を締結し、ソニー・ミュージックやユニバーサル・ミュージック、世界最大のインディーズ系レーベルの権利管理団体であるマーリンとも協議中とのことです。

マーリンは日本でも事業を展開しているので、仮に新しい音楽配信サービスが始まった場合、日本でも利用できる可能性は高いですね。

これまで何度か書いてきましたが、YouTubeは世界最大の音楽プラットフォームでありながら、広告収益によるアーティストへの還元額が小さい「Value GAP」の問題を度々指摘されてきています。今回のサービスが「Value GAP」解消への一手となるのか、はたまたこれまでと同じ様なサービス形態なのか、もしくはYouTube REDとGoogle Play Musicを統合した新サービスの名称なのか、果たしてどうなるのでしょうか。

2018年3月、楽しみです。

Source:
YouTube to Launch New Music Subscription Service in March

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事