世界最大の定額制音楽配信サービス「Spotify」は、Spotify for Artistsに登録済みのインディーズアーティストがSpotifyへ直接楽曲をアップロードできる機能をβ版として提供開始しました。

現在は、アメリカで活動する限られたインディーズアーティストへの機能開放になるようですが、今後この機能の提供範囲を拡大していくようです。

スポンサーリンク

インディーズバンドやアーティストの活動支援強化へ

今回の機能では、特定のレーベルと著作権・音楽配信の契約をしていないインディーズアーティストが、Spotify For Artistsのアカウントを利用することで、Spotifyへ直接楽曲をアップロードすることができるようになります。

インディーズバンドは、アップロードできる回数に制限や制約はなく、アーティストがSpotifyを経由することで、ファンに音楽を直接届けることができます。

また、楽曲が再生された際は、当然ロイヤリティの支払いも発生するので、アーティストはSpotifyから直接収益をあげることができます。

これまで、DistroKid、CD Baby、TuneCore、Record Union、EmuBandsといったディストリビューターを経由して音楽を配信していた場合、ディストリビューターに手数料を支払う必要がありましたが、その必要もなくなります。

もちろんSpotifyだけでなく、Apple MusicやAmazon Music Unlimitedなど、他の定額制音楽配信サービスに横断的に楽曲を配信する場合ディストリビューターは非常に役立ちますが、Spotifyだけに限れば、より収益化が見込めるということになります。

これらの取り組みを通じて、アーティストの活動支援をすることで、アーティストがよりSpotifyを利用するようになり、結果的にSpotifyには良い音楽が集まってくるというエコサイクルを目論んでいると思いますが、この機能が本格的に展開されれば、アーティスト、レーベルや出版社、音楽ディストリビューターなど含め、音楽産業の構図が変わってくるかもしれませんね。

Source:

Now in Beta: Upload your music in Spotify for Artists

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事