photo by Dennis Skley

海外音楽メディア「DIGITAL MUSIC NEWS」によると、調査会社ニールセンの発表として、2015年のアメリカにおける音楽ストリーミングの再生回数は、2014年の1,645億回に対し2倍にあたる3,172億回であると報じています。

日本でも2015年は音楽ストリーミングサービス元年となり市場が活性化しましたが、Apple Musicが始まったアメリカでも大きな変化が出た年になりました。

スポンサーリンク

Pandraのようなラジオ型のサービスは含まない?

記事内では、この3,172億回という再生回数に対して、YouTube, Spotify, Tidal, Apple Music, Google Play Musicといった、音楽を指定して再生するサービスの再生回数は含んでいるものの、Pandraのように一方的に音楽がストリーミング配信されるサービスの再生数は含んでいないようだと推測しています。

これらのサービスを含むと、いったいどの程度の音楽が世界中でストリーミングされているのでしょうか。

近日中により詳細なレポートが発表されるようですが、2016年も音楽ストリーミングサービスの勢いは2倍・3倍と加速していきそうです。

Source:

Breaking: Total Music Streams DOUBLED In 2015

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事