今回はいつもと違う紹介の仕方だけど、久しぶりに海外インディーバンドを紹介してみる。

ウェールズのカーディフを拠点に活動する4人組女性ボーカルバンド、その名も「Estrons(エストロンズ)」だ。

これは良い。

往年のUKロックを女性ボーカルが歌い上るサウンドが頭と腹に響いてくる。

スポンサーリンク

イントロ、リフ、サビ、ボーカル全てがツボ

現状は2曲しか作品を発表していないようだけど、どちらの曲も素敵だ。

曲調を一言で表すのが難しいけど、とにかくパワフルなサウンドにパワフルな女性ボーカルだ。

正直に書くと、最初に音楽を聴いた時にボーカルが女性だとは気づかなかった。「高くて中性的な声で歌うボーカルだな〜」くらいに聴いていた。

だって曲調からして女性ボーカルが歌っているなんて夢にも思わないからだ。繰り返しになるけど、そのくらいパワフルなボーカルだ。(女性って分かってから聴いたら女性にしか聴こえないが。僕の耳はあてにならない。)

また、楽器隊の作るサウンドも、いかにもUKロックとえる単音を中心としたリフが印象に残る。よくみられる特徴だけど、単音リフってやっぱり素敵だ。

単音リフの場合、基本的には同じ流れや音の繰り返しにはなるけど、音数が少ない分、シンプルで覚えやすいし、すっと耳に入ってくる。

いろいろ調べたところ、SXSW 2016にも出場していたようなので、これからプッシュされてくるバンドなのかもしれない。

そのうち本格的にデビューして日本にやってくるかもしれないし、今後にも注目だ。

Drop

Make A Man

Estrons - Make A Man (BBC Introducing at SXSW)

 

Make A Man (BBC Introducing at SXSW)

 

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
小ネタ
Marshall。マーシャル。 ギタリストなら誰でも使ったことのあるアンプ。 自宅用の低出力ミニサイズからスタジオ やライブハウス用の高出力...