Apple Musicの有料会員数が2700万人を突破!Spotifyとの差は・・・

定額制音楽配信サービス「Apple Music」は、6月5日に開催したWWDCにおいて、有料会員数が2700万人を超えたと発表しました。

スポンサーリンク

1ヶ月に100万人のペースで有料会員が増加中

Appleが前回有料会員数は発表したのは2016年11月です。

その時点で有料会員数は2000万人でしたので、なんと7ヶ月で700万人もの有料ユーザーが増加したことになります。

これは1ヶ月に100万人のペースなので、このままいくと今年中には3000万人を突破することも確実ですね。

Spotifyとの競争は続く、差は縮まらない?

ちなみに、ライバルにあたる世界最大の定額制音楽配信サービス「Spotify」は、2017年3月に有料会員数が5000万人を突破しています。

この時点でSpotifyは6ヶ月で1000万人の有料ユーザー増加でしたので、1ヶ月に116万人のペースで増えています。

もちろん有料会員すうの増加は単純計算ではないですが、このままでは両サービスの有料会員数の差は縮まるどころか広がってしまいます。

実際にグラフで見比べて見ても、微妙に差は広がっています。

現状、Appleにおいて「音楽ストリーミングサービス」は非常に重要なポジションになっており、最近では動画コンテンツの配信も始めました。

今後もサービスの強化には力をいれていくと予想できますが、Spotifyとの競争は今後も注目です。

Source:

Apple Music now has 27 million subscribers

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Enel、正統派の邦ロック3ピースバンド
バンドレビュー
2014年5月結成で、疾走感溢れる正統派の邦楽ロックを奏でる3ピースバンド「Enel(エネル)」さん。 気持ちい良いほど正統派サウンドのロッ...