Google、今後出荷するAndroid端末にYouTube Musicを標準搭載

Googleは、純正端末であるPixelシリーズなど、今後発売されるAndroid 9とAndroid 10を搭載するスマートフォンに、定額制音楽ストリーミング配信サービス「YouTube Music」アプリを標準搭載(プリインストール)すると発表しました。

YouTubeのオフィシャルブログでアナウンスをしています。

スポンサーリンク

YouTube Music一本化への道が近づく

僕はGoogle信者なのでGoogleの音楽ストリーミング配信サービスを使っていますが、現状だけを見ると、非常にややこしい状態になっています。

Googleは、日本では2015年9月からGoogle Play Musicのサービスを開始していましたが、2018年11月にYouTube Musicをスタートさせたことにより、同じような音楽ストリーミング配信サービスが並行して提供されている状態になっています。

さらにYouTube自体の有料サービスYouTube PremiumやYouTube Musicの有料プランYouTube Music Premiumが提供されるなど、Google信者の僕ですら混乱するような状態が続いていました。

ですが、ここへきて今後のAndroid端末にYouTube Musicアプリをプリインストールするということであれば、ようやく一本化されそうです。

実際、最近新たにストリーミング配信が始まるアーティストや新曲なども、Google Play MusicではなくYouTube Musicに配信するようになっていますからね。

個人的に、サービス開始当初から使っているGoogle Play Musicがなくなるのは寂しいものがありますが、明らかにその方がわかりやすいので、その時を待ちます。

Source:

YouTube Music App now preinstalled on Android 10 devices

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事