やっぱりアメリカの音楽消費市場はEDMではなく、R&BとHip-Hopが牽引していますね。

調査会社Nielsen Musicや米Billboardによると、2017年のアメリカ音楽市場での総消費量は、2016年と比較して12.5%増加となったようです。この音楽消費には、従来のアルバムやシングルトラックの販売数、オンデマンドによる音楽ストリーミング配信サービスでのアルバムやシングルの配信、またミュージックビデオといったビデオクリップの配信数などが含まれています。

SpotifyやApple Musicといったサービスの対等により、オンデマンドでのオーディオストリームが前年比59%増加し、CDなど物理メディアでのシングルトラックやアルバム減少分を相殺したカタチになっています。

スポンサーリンク

アメリカ音楽市場はR&BとHip-Hopが牽引!

今回の調査によると、R&BとHip-Hopといったジャンルが、最も聴かれたアルバムTOP10のうち7つを初めて占めました。また、R&BとHip-Hopといったジャンルだけに絞ると、2016年と比較してオンデマンドによるオーディオストリーミングが72%も増加し、アメリカでの全音楽消費の24.5%を占めました。2016年は1位だったロックは20.8%のシェアで2位になっているので、R&BとHip-Hopがアメリカで最も人気のジャンルであることがわかります。

作品別に目を向けると、R&BとHip-HopジャンルではKendrick LamarのDAMNが最も売れていて、2017年に2747万枚相当のアルバムを販売したことになります。この他にもTOP10には、DrakeのMore Life、Bruno Marsの24K Magic、Post MaloneのStoneyなどがR&BとHip-Hopジャンルからランキングしています。

Rank Artist, Title Total Units Album Sales TEA Units SEA Units
1 Ed Sheeran, ÷ (Divide) 2,764,000 1,102,000 581,000 1,081,000
2 Kendrick Lamar, DAMN. 2,747,000 910,000 217,000 1,620,000
3 Taylor Swift, Reputation 2,336,000 1,903,000 153,000 280,000
4 Drake, More Life 2,227,000 363,000 149,000 1,715,000
5 Bruno Mars, 24K Magic 1,626,000 710,000 320,000 597,000
6 Post Malone, Stoney 1,564,000 128,000 174,000 1,262,000
7 Migos, Culture 1,438,000 134,000 156,000 1,149,000
8 The Weeknd, Starboy 1,408,000 275,000 189,000 945,000
9 Soundtrack, Moana 1,254,000 709,000 197,000 348,000
10 Khalid, American Teen 1,220,000 147,000 124,000 950,000

※アメリカのBillboardチャートは、トラックが10曲販売される、またはアルバムに収録された楽曲が1500回ストリーミング再生されるごとに、それをアルバム一枚のセールスに換算して計算しています。Track Equivalent Album (TEA Unites、楽曲トラックのアルバム換算) とStreaming Equivalent Album (SEA Unites、ストリーミング再生のアルバム換算)。

Source:

U.S. Music Consumption Up 12.5% in 2017, R&B/Hip-Hop Is Year's Most Popular Genre

2017 U.S. MUSIC YEAR-END REPORT

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
バンドレビュー
僕の大好きaudioleafで出会ったバンド「tib」さん。 ほとんど情報がなくて詳細が分からないけど、かなり良い感じのギターポップバンドだ...