1年越しに、ついに実現しました。

LINEの関連会社であるLINE TICKET株式会社は、次世代の電子チケットサービスとして「LINEチケット」を、2018年10月10日にオープンしました。

2017年9月に「2018年度中に展開する」と宣言していた電子チケットサービスが、ついに開始です。

スポンサーリンク

100%電子チケットで公式リセール機能も提供

「LINEチケット」は、音楽ライブやコンサート、スポーツなど様々なジャンルのチケットを、LINEから手軽に検索・購入・発券できる電子チケットサービスです。

購入したチケットは「LINE」で送られてくるので、コンビニエンスストアなど、店舗での購入手続きは不要となっており、当日の入場まで「LINE」ひとつで完結することができます。

チケットは100%電子チケットとなっており、「急用が入ってしまった」「体調が悪くなってしまった」などの理由で行けなくなってしまったライブやイベントのチケットを安全に販売・購入できる「公式リセール機能(二次販売)」も展開すると発表しています。

まぁこれは、近年問題になっているチケット高額転売対策としての導入ですよね。

2018年内は、 [ALEXANDROS](2019年アリーナツアー)などの音楽公演やブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」等の演劇・ミュージカルなど約300公演のチケットを取り揃え、なかには「LINEチケット」でしか購入できない限定チケットや先行チケットも販売するとのことなので、機会があれば実際に使ってみてレビューしようと思います。

Source:

LINE、100%電子チケットサービス「LINEチケット」を本日より開始。チケットの検索・購入から当日の入場までをLINE上で完結。

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事