1997年生まれのメンバーによる、新世代ロカビリーバンドのザ・グルーミーズが1stシングルをリリースしました。

ベースには黒猫チェルシー宮田岳、レコーディングエンジニアには、Mr.Pan(THE NEATBEATS)を迎え作り上げた、21世紀解釈の新しいロカビリーになっています。

スポンサーリンク

ザ・グルーミーズ - ハンド・クラッピング・ビート

ザ・グルーミーズは、1997年生まれの現役東大生、Gt/Vo坂口楓太、Dr杉岡ジョージによるロカビリーバンドです。親の影響で1950sのロカビリーやロックンロールを幼少期から聞いて育ち、チェットアトキンスやカールパーキンスに影響を受けたギャロッピングギターや、シャッフルリズムなど旧き良きものは継承しつつ、楽曲自体やファッションをモダナイズすることで新たなロカビリー/ロックンロールシーンの確立を目指しています。

今回リリースした1stシングル「ハンド・クラッピング・ビート」はギャロッピングギターや、思わず「ハンドクラップ」したくなるような「ビート」である50s~60s初期のロックンロールに顕著なシャッフルリズムを大胆に取り入れた、ザ・グルーミーズを象徴するような一曲になっています。

楽曲のレコーディングには黒猫チェルシー宮田岳がベースで参加し、エンジニアにはTHE NEATBEATSのMr.Panを迎え、 Grand Frog Studioでレコーディングを行っています。

ご本人曰く「平成最後の年の新たなヴィンテージサウンド必聴!」とのことですが、確かに楽しく素敵なナンバーです!

ザ・グルーミーズ - ハンド・クラッピング・ビート

ハンド・クラッピング・ビート

リリース情報

リリース日時:2018年11月17日(土)

アーティスト:ザ・グルーミーズ

タイトル:ハンド・クラッピング・ビート

Apple MusicやSpotify、Google Play Musicなど、各種音楽ストリーミング配信サービスで配信中!

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事