「2018年9月のサービス開始を目指して準備が進められている」と噂されていたYouTubeの有料会員サービスYouTube PremiumとYouTube Musicですが、2018年11月14日(水)からついに日本でもサービスを開始しました。

待ちに待った結果、ようやく始まりましたね!

スポンサーリンク

広告なしで動画視聴&音楽ストリーミング配信サービスも

提供が開始された「YouTube Premium」に加入すると、YouTubeの動画を"広告なし"で視聴できるようになります。

また、動画をダウンロードしてオフラインでの再生に対応したり、アプリ画面を表示していなくても再生できる"バックグラウンドで動画の再生"にも対応しました。

さらに、YouTubeが運営する定額制音楽ストリーミング配信サービス「YouTube Music Premium」も利用できます。

「YouTube Music」は無料でも利用できますが、「YouTube Music Premium」に加入することで、こちらもYouTube Musicアプリで広告なしの音楽視聴、バックグラウンド再生、オフライン再生などが可能になります。

SpotifyやApple Musicのほか、同じGoogleが手がけるGoogle Play Musicと「YouTube Music」のラインナップ違いなどは、別途調べて見ようと思います。

なお、「YouTube Premium」の利用価格は月額1,180円です。

Google Play Musicの加入者は、YouTube Music Premiumが利用可能

今回「YouTube Premium」が日本でもサービスが開始されたタイミングで、「Google Play Music」の有料会員は、そのまま「YouTube Music Premium」も利用できるようになりました。

僕はGoogle Play Musidcの有料会員なのですが、先程アプリに「YouTube Music Premium」が利用できるとの通知がきました。

Play Storeから「YouTube Music」アプリをダウンロードして設定するだけで、YouTube Music Premiumの会員になっていましたね!

Google Play Musicの有料会員は、YouTube Premiumの会員ではない

若干ややこしいのですが、「YouTube Premium」と「YouTube Music Premium」は別物で、Google Play Musicの有料会員が自動で加入できるサービスは「YouTube Music Premium」です。

「YouTube Music Premium」は「Google Play Music」と同じ月額980円で提供されていますが、「YouTube Premium」は「YouTube Music Premium」を内包するカタチで、月額1180円です。

Google Play Musicの有料会員である僕が「YouTube Premium」の有料会員になろうとしたところ、「Google Play Music」は「YouTube Premium」に含まれているためキャンセルしてね、とのポップが表示されました。

年内にはGoogle Play MusicとYouTube Music Premiumは統合されるとの噂もありますが、このあたりは丁寧にしてほしいですね・・。

いずれにしても、いろいろと使い倒して見ようと思います!

Source:

YouTube Premium

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事