Spotify、Instagramストーリーのような「Storyline」検討中か

世界最大級の定額制音楽配信サービス「Spotify」は、Storylineと呼ばれる新機能をテストしているようです。

これは、Instagramのストーリーのように、テキストと画像を組み合わせたカードが表示され、アーティスト自身が、彼らの楽曲の裏話のような情報をファンに提供できるようになっています。

現在この機能はアメリカやオランダの一部iOSとAndroidアプリユーザー向けに試験提供されており、Jonas BrothersのSuckerやBillie Eilishなど一部の楽曲で試験的に利用できるようです。

スポンサーリンク

アーティスト自身の情報発信でファンコミュニティ化へ

Storylineは、Spotifyが既に提供している"Behind the Lyricsカード"と同様の機能を提供し、さらに互換性のある曲では、Lyricsカードの下部に表示されるとのこと。

しかしながら、Behind the Lyricsはサードパーティ会社であるGeniusが提供していることに対し、Storylineは、アーティスト自身から直接情報が提供されます。これにより、ユーザー向けには誤った情報が提供される機会が少なくなります。

今後、アーティストやレーベルが決めた内容に応じて、Storyline上に、歌詞、画像やテキスト(楽曲の裏話)などが表示されるようになりそうです。

今回の試験提供に対し、Spotifyの広報担当者は、「より多くのユーザーに対してより良いエクスペリエンスを生み出すための新しい方法を常にテストしている」と述べたようですが、この機能がいつリリースされるかの言及はしていません。

Spotify、当然ベースは音楽ストリーミング配信アプリですが、ある種ファンコミュニティを築いていくアプリへと様変わりしていきそうですね。

Source:

Spotify’s Storylines are like Instagram Stories for musicians

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事