CHACCA、音楽アーティスト向け活動資金調達プラットフォームがオープン!

エンターテイメント×テクノロジーでエンタメ業界の課題を解決する株式会社EnterTech Labは、音楽アーティスト向け活動資金調達プラットフォーム「CHACCA」の正式版を2019年7月よりオープンしました。

また、これを記念して、エンブレム販売手数料無料キャンペーンも開催されています。

スポンサーリンク

CHACCA(チャッカ)とは

CHACCA(チャッカ)は、音楽アーティストがエンブレム(会員権)を発行し、ファンやユーザが購入・売買することで、活動資金を集めることができるプラットフォームです。

アーティストの「創りたい気持ち」と、ファンの「応援したい気持ち」のつながりが起こす化学反応という意味から、「情熱・人気に火をつける」=「CHACCA(着火)」と名付けられています。

音楽アーティストはインターネット上で独自のデジタルエンブレム(会員権)を発行し、売ることができ、ファンやユーザは好きなアーティストのエンブレムを購入し、所有できます。

エンブレム価格は100円〜と低額から設定可能なので、誰でも気軽に投げ銭感覚で参加できます。エンブレム所有者には、アーティストのライブチケット先行購入権や楽屋招待権、握手権、ライブ打ち上げ参加権、オリジナルビデオメッセージ、ライブエンドロール名前掲載等、「応援してくれる人だけの特別で贅沢な体験」が特典・優待として提供されます。

また、所有エンブレムをCHACCAユーザ同士で売買できる二次流通機能も提供します(8月以降にエンブレム売却機能搭載予定)。エンブレム価格は需要と供給により変動し、所有者は人気が高まったアーティストのエンブレム売却差額を利益として得ることができます(※)。アーティストにも売却差額の一部がインセンティブとして還元され、これも活動の資金源となります。

アーティスト活動を支える仲間を募るために、エンブレムをインセンティブとして提供するといった使い方も可能です。

音楽業界の課題解決や活性化を目指す

CHACCAは、音楽文化を創る人たちと、それを支える人たちによる新しいアーティスト育成のエコシステムを創出することで、音楽業界の課題解決や活性化につなげたいと考え、提供されています。

「CHACCA(チャッカ)」には、資金使途限定型、プロジェクト・イベント完結型のクラウドファンディングや投げ銭、ギフティングといった仕組みでは充たすことができなかった利点がたくさん備わっています。

  • アーティスト活動に対し、ファンが直接的且つ継続的に低額から気軽に支援でき、これがアーティストの新たな活動資金源となること。
  • またその支援に対し、この瞬間にしか得られない特別な優待・特典を通じて、ファンとアーティスト間の新しい交流や関係性構築ができること
  • そして、アーティストが成長・成功した暁には、アーティストの才能と可能性を信じて初期段階から支援し、ともに価値を高めてくれたファンに経済的にも還元できる可能性があること。

このように、アーティストとファンの双方に多彩なベネフィットをもたらす国内初のプラットフォームです。

さらに将来的には、音楽業界に造詣の深いETLならではの経験や音楽業界ネットワークを活かし、創作活動やプロモーション等を含めたさまざまな側面からアーティストの成長支援を行うエコシステムを構築し、音楽業界の課題を解決していき、2022年までに「CHACCA」を活用する音楽アーティスト1000グループを目指すようです。

CHACCA - 音楽アーティスト応援サービス

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事