世界最大級の定額制音楽ストリーミング配信サービス「Spotify」が、アクティブ会員1200万人が利用するチケットサービス「イープラス」とパートナーシップを締結しました。

これにより、聞いている音楽の履歴や好みの傾向に合わせてパーソナライズされたアーティストのコンサート情報をSpotify上でユーザーに提供するようです。

さらに、気になるコンサートのチケット販売情報は、ワンタップでイープラスのチケット販売サイトで確認でき、イープラスにログインすればその場で購入できるようになります。

スポンサーリンク

アーティストや音楽に触れる機会の増加を目指す

両社は、今回のパートナーシップを通じて、次の3つの実現を目指しています。

  1. Spotifyのおすすめによって新たなアーティストに出会ったリスナーが、パーソナライズされたコンサート情報に触れることでいち早くチケットを購入し、アーティストをライブで体験できる機会を提供します。
  2. イープラスのサイトやアプリを閲覧していたファンが、Spotifyですぐに音楽試聴体験できることで、これまで知らなかったアーティストの音楽にもっと多く触れるきっかけを提供します。
  3. アーティストと熱量の高いファンが結びつきを強め、長期的な関係を築けるようSpotifyのFANS FIRSTプログラムを国内アーティストに拡大し継続的にサポートします。

音楽情報メディア「SPICE」とも連携

また今回のパートナーシップにより、チケット販売サイトのみならず、イープラスが運営する月間視聴者数400万人の音楽情報メディア「SPICE」や各種フェス情報アプリもSpotifyと連動します。

気になるアーティストの曲はサイトやアプリ上に埋め込まれたSpotifyを通じ、すぐにその場で試聴でき、コンサートや音楽フェスに参加する際の予習や余韻に浸るのはもちろん、これまで知らなかったアーティストの音楽に気軽に触れられるようになりました。

さらにSpotifyでお気に入りのアーティストの音楽を日頃から熱心に聴いているリスナーに対し、そのアーティストに関連する付加価値の高い体験を優先的にご案内する「FANS FIRST」プログラムを、日本でも国内アーティストで本格的に開始することも合わせてアナウンスされています。

確かに音楽を聞いているアプリからチケット購入まで進めれば便利そうです。個人的にはログイン部分も連携して、Spotifyにログインしている状態であればイープラスへのログイン不要となってくれると最高ですが・・・。

Source:

イープラスとSpotifyがパートナーシップを締結

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事