先日紹介した時から、「Beats 1」をずっと聴きっぱなしです。

流しっぱなしで音楽を聴けるのは本当に便利ですし、全然自分が興味のないジャンルの音楽が聴けるのも新しい出会いで楽しいです。

本当に新しい音楽との出会いの場としてかなり役立ってます。

ということで、前回の投稿で「連載してみようと思う」と宣言した通り、サボらず連載してみます。

スポンサーリンク

ここ数日で出会ったかっこいい音楽

  • 1. Bully:Brainfreeze
  • アメリカのナッシュビル出身、4人組グランジ系ロックバンド「Bully」。古き良きインディーロック/グランジといったイメージです。

    日本での知名度はまだまだですが、地元アメリカでは着実に火がついてきているようです。そのうち日本の夏フェスにもやってきそうな音楽だと思います。

    Brainfreeze

  • 2. Hinds: Bamboo
  • スペインのマドリード出身、4人組ガールズバンド「Hinds」。全然音源が出てこないけど、かなり気だるいローファイ系の音楽が特徴的。
    そもそもスペイン出身のバンドってほんどん知らないんですが、どんなジャンルが主流なんですかね。

    The FADER FORTに出演している映像がYouTubeに公開されているが、お客さんにも音楽のジャンルが伝わったような雰囲気がでている。

    Bamboo

  • 3. Walk The Moon:shut up and dance
  • アメリカのオハイオ出身、4人組パワーポップ・ロック系バンド。
    僕のむちゃくちゃ好きな感じの音楽なのに、なんで今まで知らなかったんだろう。かなり有名みたいだし。

    「シンガロングできるダンサブルな音楽」っていう横文字ばっかりになってしまいましたが、そんなイメージです。

    また、今年のサマソニで初来日が決まっており、8月15日は大阪、8月16日は東京のステージに出演するようです。

    やっぱりパワーポップはいいですね。

    shut up and dance

  • 4. SmallPools :Dreaming
  • アメリカのロサンゼルス出身、4人組エレクトロ・ポップバンド。
    2013年に欧米で爆発的に流行っていたようで、またまた僕の好きな感じの楽曲です。

    こちらのバンドも今年のサマソニで初来日が決まっていて、同様に8月15日は大阪、8月16日は東京のステージに出演します。

    先ほど紹介した「Walk The Moon」もそうですが、どちらのバンドもソニー・ミュージック系列のレーベル所属のアーティストです。

    やっぱりキラキラ系ロック・パワーポップを日本でもっと流行らせるべく力をいれていくんですかね。僕は好きですけど。

    Dreaming

    まとめ

    うーん、いかに自分のアンテナが狭いかを本当に思い知らされますね。

    海外で爆発的に流行っていても知らない曲なんてたくさんあると改めて思いました。「Walk The Moon」の楽曲なんて、6,500万回も再生されてるのに知らないなんて、全くもっての無知でダメだと反省してます。

    でも、そういう風に知らない音楽と出会えるので本当にいいですよ、「Beats 1」。

    過去に「Beats 1」で出会った音楽

    Apple Musicの「Beats 1」で新しい音楽に出会う、その1

    スポンサーリンク
    合わせて読みたい

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事
    バンドレビュー
    photo by Dennis Skley 2014年から活動しているエレクトロとギターロックを合わせたようなバンド「COLOR COLOR...