定額制音楽配信サービス「AWA」は、2016年11月12日(土)にアプリのダウンロード数が1000万を突破したと発表しました。

2015年5月のサービス提供開始から約1年6ヶ月で1000万ダウンロード突破ですね。

スポンサーリンク

約3ヶ月で100万ダウンロード追加のペース

AWAは、2016年8月時点でアプリのダウンロード数が900万を突破したと発表していましたので、約3ヶ月で100万ダウンロードが追加された計算になります。

これまでも定期的にダウンロード数を発表していますが、だいたい平均的に「約3ヶ月で100万ダウンロード」が追加されていますね。

AWAが発表してきたアプリダウンロード数推移をまとめると、こんな感じです。

ライバルであるLINE MUSICには遅れをとっている

一方で同じように国産の定額制音楽配信サービスであるLINE MSUICは、2016年3月には早々に1000万ダウンロードを突破していました。

LINE MUSIC、ダウンロード数が1,000万件を突破
2017.12.3
LINEは3月10日、LINE MUSICのサービス公開から約9ヶ月となる2016年2月28日時点で、アプリの累計ダウンロード数が1,000万件を突破したと発表しました。 国内発サービスのライバルであるAWAが、2016年2月16日時点で700万ダウンロードと発表していましたので、両者の差は埋まって...…

その後、公式なダウンロード数の案内はありませんが、「LINEのBGM」や「LINE 着うた」など、LINEアプリと連携したサービスを随時展開しているので、おそらくダウンロード数は増加しているはずです。

また、Google Playのインストール数で比較しても、本日(2016年11月16日)時点でLINE MUSICのダウンロード数は500万〜1000万となっていますが、AWAのダウンロード数は100万〜500万です。

これだけ見ても、LINE MUSICの方がダウンロード数は多いと想像できますね。

もちろんダウンロード数が全てではありませんが、SpotifyやApple Musicといった海外勢のサービスと勝負するためには、いかに多くのユーザーにアプリを使ってもらえるかが重要になりそうです。

Source:

音楽配信サービス「AWA(アワ)」がアプリダウンロード数1,000万を突破

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
バンドレビュー
エレクトロポップに少し切ないボーカルのメロディを乗せる「honeymaple」さん。 自主レーベル「Travelic Record’s」を立...