2017年アメリカの音楽ストリーミングによる収益は前年比53%の増加?

またしても興味深いレポートが出てきています。

2017年アメリカのデジタル音楽収益(デジタル音楽の収益だけなので市場全体ではないです)は、2016年の56.5億ドル(約6111億円)から15%増加して65億ドル(約7065億円)となりましたが、これほどまで成長した要因として、ストリーミング型音楽配信サービスによる収益が、2016年の22億ドル(約2391億円)から34億ドル(約3695億円)と約53%も増加したことがあげられとのこと。

このニュースはアメリカ版のBillboardに出ている記事なのですが、ちょっと2016年の数字がRIAA発表と異なっていますね。RIAAの発表だと2016年時点で38億ドルを突破しているはずなので、2017年のストリーミング配信市場はもっと伸びているはずです。収益と売上を、ちゃんと分けて考える必要があるのかな。

アメリカ音楽市場の売上、ストリーミングが5割を超える
2017.12.3
全米レコード協会(RIAA)が発表した最新の音楽販売統計によると、2016年のアメリカ音楽市場において、ストリーミングの売上高が音楽市場全体の51%を占めました。 2015年には、音楽ストリーミングサービスの売上が、音楽ダウンロードの売上を上回ったばかりでしたが、わずが1年で市場全体の5割を占めるま...…

いずれにしても2017年版の公式発表がRIAAから出た時に比較する為に、備忘録も兼ねて記事かしておきます。

スポンサーリンク

ストリーミング型音楽配信サービスの成長は止まらない

まぁ数字的には若干整合性がなく、かつRIAA(全米レコード協会)の発表ではありませんが、ストリーミング型音楽配信サービスの収益が「前年比53%の増加」という点では、このような状況になっていても何らおかしくはありません。

実際2016年上半期だけでアメリカの音楽市場は40億ドルを突破しており、そのうちの60%にあたる25億ドルをストリーミング配信サービスが占めていました。

アメリカ音楽市場、ストリーミングの割合が6割超へ:2017年上期
2017.12.2
全米レコード協会(RIAA)が発表した最新の音楽販売統計によると、2017年上期のアメリカ音楽業界の売上は引き続き成長しており、2016年の上半期に比べて17%増加して40億ドルになりました。 この成長の要因はやはり有料の音楽ストリーミングサービスであり、Spotify、Apple Music、Ti...…

ここから算出すると2017年のアメリカ音楽市場におけるストリーミング配信サービスの売上は50億ドルを超えてくるはずです。53%増加とはいかないかもしれませんが、それに近い割合で成長していることは間違いないですね。

今後RIAAから公式発表が出てくると思いますが、楽しみです。

Source:

Music Streaming Revenue Increased 53 Percent in 2017, Digital Services Report

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Surpristar
バンドレビュー
photo by godwin d 2014年から活動するエレクトロ・パワーポップ/ロック系バンド「Surpristar(サプライスター)」...