2018年も始まって2週間が経ちました。

今回は普段紹介している「主に東京都内で活動しているインディーズバンド」という縛りを取っ払い、僕が個人的に注目している2018年ブレイク必須のオススメ新人バンドを9組紹介していきます!

なお新人バンドの定義ですが、2017年に主要レーベルからデビュー、もしくは全国流通の音源販売や主要音楽ストリーミング配信サービスでの音源配信を開始したアーティストに絞っています。よって「ある程度認知されているバンド」や「まだまだこれからのバンド」などごちゃ混ぜにはなっていますが、僕が個人的に注目しているということで。

それでは、いってみましょう。

スポンサーリンク

まず、2018年に流行る注目の音楽・バンドのジャンルは?

これは色んな意見があると思いますが、僕は「正統派・王道のロック/ポップ」が再び注目を集めるようになるのでは?と予想しています。

思い返せば2017年は、これといって何か流行ったジャンルがあったわけではなかった気がします。これは色々なところで言われていますが、2016年はSuchmosが空前の大流行を見せてブラック系/シティポップ系といったジャンルが一世を風靡しました。その後2017年には、ブラック系/シティポップ系に、never young beachやYogee New Waves、PAELLASといったバンドが続々と登場してきましたが、ある種一区切りがついたようなカタチになり、大ブレイクとまではいきませんでした。

そういった意味で2017年には、特定の「流行った」と呼べるジャンルはなかったと思います。

この状況を受けて2018年の流行を予測するのは非常に難しいですが、色々な音源を聴いたりライブハウスに行ってみたりすると、正統派のロック/ポップ系のバンドがたくさんいて、本当に真っ直ぐで気持ち良いサウンドのバンドが多いんですよね。

ということから、正統派のロック/ポップ系が流行るという前提で、2018年注目のオススメ新人バンドを紹介していきます。

2018年ブレイク必須!?注目のオススメ新人バンド9選

繰り返しになりますが、新人バンドの定義は2017年に主要レーベルから音源をリリースしている、もしくは全国流通の音源販売や主要音楽ストリーミング配信サービスでの音源配信を開始したアーティストです。紹介する順番は僕の好きな順です。

ではいってみましょう。

サイダーガール

まずは、以前このブログでも紹介したことがあるバンド「サイダーガール」。2017年にユニバーサルミュージック系からメジャーデビューをして、すでにある程度のファンを獲得していると思いますが、2018年は一気にブレイクしそうな気がします。もともと個人で活動したりネット上でボーカロイド向けの曲を作ったりしていたメンバーで結成したバンドで、とにかく爽やかすぎるポップ系サウンドが魅力。王道中の王道を攻めるロック/ポップサウンドで2018年はファン拡大が続きそう。

メランコリー

166cm

新人バンドと呼ぶには失礼かもしれないけれど、都内を中心に活動している女性ボーカルのポップバンド「166cm」も注目です。活動自体は2010年からとキャリアは長く2017年にリリースした音源「乙女製菓」が各種音楽ストリーミング配信サービスで配信されています。これは僕の好みだけど僕が好きな感じのキュートでポップな女性ボーカルの声を活かした、優しいポップサウンドがバンドの魅力です。

乙女製菓

ドラマストア

次は2014年結成で大阪発の正統派ポップ/ロックバンド「ドラマストア」。2017年に3曲入り1stシングル「ラストダイアリー」を全国リリースし、活動の場を全国に広げています。タイトルナンバーである楽曲「ラストダイアリー」は、本当に王道をいくロックサウンドだし、カップリングである「あさきゆめみし」は2010年前後を彷彿させる王道の邦楽ギターロック、「ハロー彗星」も3曲入りの作品だと定番になるバラードサウンドと、1枚として期待を裏切らない構成になっています。

ラストダイアリー

FAITH

2017年後半に各所で話題を集めた長野発・平均年齢17歳のロックバンド「FAITH」にも注目しています。2017年11月1に全国リリースした1stミニアルバム「2×3 BORDER」は、Apple Musicで「今週のNEW ARTIST」にも選出され僕も存在を知りました。メンバー5人中3人が日米のハーフということもあり、完全英語歌詞で攻めているところや、本格的なポップ/パワーポップサウンドが2000年付近の洋楽バンドを彷彿させます。まだまだこれからのバンドだし、きっとこの先には色々なことが待ち受けていると思いますが、活動を続けて欲しい2018年大注目のバンドの一つです。

Take me away from here

FINE STATE

次に紹介するのは都内を中心に活動しているギターロックバンド「FINE STATE」。こちらもバンドでありボーカロイドのプロデューサーでありと多彩な活動をしています。最初に紹介したサイダーガール同様、本当に爽やかなポップサウンドが魅力的で僕には眩しすぎるくらいですが、とにかく真っ直ぐ音楽が耳に入ってきます。

現状各種音楽ストリーミングサービス向けに音源を配信していますが、まだまだこれからのバンドです。が、近いうちにどこかに所属して音源をリリースしそうな気がします。

凛/ラブミーテンダー

dead endの向こう側

次は名古屋初の王道ロックバンド「dead endの向こう側」を紹介。2015年結成で2017年12月には1stミニアルバム「Paradox」をリリースし、リードトラックである「ゼロから」が各種音楽ストリーミング配信サービスで配信中です。

もう本当に、本当に王道中の王道ロックサウンド、王道中の邦楽歌詞を歌い上げるボーカルさんが気持ち良いくらい魅力的で、きっと耳の早い人の共感を得ていると感じています。最初にも書きましたが、やっぱり2018年は王道ロックに注目の年に。

ゼロから

QoN

2016年に本ブログでも紹介したことがある横浜発のロックバンド「QoN」。2017年3月には全国流通の音源もリリースしており、とにかくキャッチーで正統派のロックサウンドを奏でています。若いって本当に羨ましいし素晴らしいし素敵って感じるサウンドです。先ほどの「dead endの向こう側」同様、本当に正統派のギターロックサウンドでハイトーンだけど力強いボーカルの声が印象に残ります。10代-20代と若いリスナーの琴線を確実に揺さぶるキャッチーさが魅力的な2018年注目のバンド。

Message

the cibo

2012年結成で神戸発・現在は全国で活動中のロックバンド「the cibo」も2018年注目のバンド。2017年はプロジェクションマッピング×シルエットを駆使したミュージックビデオ「meteor swimmer」が話題を集めましたが、その音楽も魅力的です。「やっぱりバンドって、こうだよね!」って言いたくなるパワフルなギターロックサウンドが耳に残ります。今回紹介している「meteor swimmer」は、例えばイントロからAメロに入る前に使う一瞬の"ブレイク"を1回目のサビ前だけ再登場させて印象付けたりするなど、曲の構成も複雑に作り込まれていて聴いていて飽きがこない曲作りにも注目です。

meteor swimmer

ariel makes gloomy

最後は2017年1月から現在の体制で主に東京都内で活動している4人組のプロジェクト「ariel makes gloomy」を紹介。2017年10月に初の全国リリース版のEP「carboniumをリリース。女性ボーカルの綺麗な歌声を際立たせる少し影のあるポップ/ロックサウンドがカッコいいです。ここまで紹介してきたような王道中の王道サウンドってわけではないんですが、少し影のある不思議な感じが魅力的で、個人的にも注目しているバンドです。

slowmotion

 

以上、僕が個人的に注目している2018年ブレイク予測の新人バンド9選でした!この中からヒットするバンドが出てきたらよいなぁ。

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事