音楽ランキングのオリコン(ORICON)は8月29日、「CD」「デジタルダウンロード」「ストリーミング」の3要素を合算した「オリコン週間合算ランキング」を、2018年12月19日より開始予定だと発表しました。

同時に「オリコン週間ストリーミングランキング」の発表も開始するとしています。

Billboardに続き、オリコンにも流れがきました。

スポンサーリンク

なんとも中途半端な反映・・・?

オリコンは、すでに2018年10月より『週間CDランキング』と『週間デジタルランキング』を合算した『オリコン週間合算ランキング』の発表を開始する旨を発表していましたが、音楽市場においてストリーミング配信サービスが存在感を増したことを考慮し、ストリーミングのデータについても集計・合算することになりました。

ですが、具体的に反映されるストリーミングの要素を見てみると、

<ストリーミングランキング>
配信事業者(50音順):Apple Music、AWA、KKBOX 、LINE MUSIC、レコチョク
集計対象:「有料会員によるストリーム数」を集計
補足:「曲単位」のランキングとして発表

とのこと。

うーん・・・。

SpotifyとかGoogle Play Musicとか歯抜けになっているのが少し気になりますね。あとAmazon Prime Musicとか。

このあたりは今後増えていくのかもしれませんが、なんとなく違和感です。

無料サービスのストリーム数・再生数は考慮しない?

さらに、YouTubeとかSpotifyの無料プランユーザーのストリーム数が考慮されないのも少し気になります。

もちろん、オリコンは有料のCD購入数でランキングを作っていたので、有料会員によるストリーム数を反映するのは理解できます。

ですがユーザーの音楽の聞き方が変わってきている状況で「CDのランキングなんて意味ないよね」って言われている中での、ストリーミング要素反映なのであれば、無料サービスのストリーム数とかも考慮して欲しかったという気持ちもあります。

CD全盛期時代に青春を過ごしてきた僕からすると、「オリコン1位の曲を誰も知らない!」なんて言われ続けるのは、少し寂しいものがあります。

参考:AKB48がオリコンV8達成 「握手券が売れてるだけ」「知らない曲」と怒りの声も

今後変わっていくのかもしれませんが、動向に注目です。

Source:

オリコン、合算ランキングおよびストリーミングランキングを12月より開始

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事