日本レコード協会(RIAJ)は5月27日、2019年第1四半期(1~3月)の音楽配信売上実績を発表しました。

それによると、音楽配信売上は、前年同期比105%の168億1,900万円となり、うちストリーミング配信によるシェアは60%を超えるまでになりました。2018年1Q時は49%程度でしたので、ちょうど10%程増えたことになります。

一方で、ダウンロードは前年同期比88%の62億400万円となり、シェアは37%でした。

それでは詳細をみていきましょう。

スポンサーリンク

【2019年1Q】音楽配信売上の内訳

まず、音楽配信売上金額全体のシェアをみてみます。

こちらは、ストリーミングが60%、ダウンロードが37%、その他(着メロや着うた、その他のデジタルコンテンツ)が3%となっており、ストリーミングサービスの売り上げが大部分を占めています。

さらにストリーミングを細かくみていくと、以下のように軒並み伸びています。

  • サブスクリプション音楽(定額制音楽配信サービス)の売上は前年同期比125%の88億2,700万円
  • サブスクリプションの音楽ビデオも同172%の2億4,400万円
  • ストリーミング音楽経由の広告収入は、同360%の2億1,400万円
  • ストリーミング音楽ビデオ経由の広告収入は、同134%の8億8,100万円

このように、ようやく日本でもサブスクリプション型の音楽配信サービスがジワジワと拡がってきていることがわかります。ちなみに、2018年1Q/2Qの売上シェアは以下のような感じでした。

右肩下がりのダウンロード型音楽配信

一方、ダウンロードの合計は前年同期比88%の62億400万円となっており、世界的な音楽市場同様、右肩下がりが続いています。

まだまだストリーミングを解禁しておらずダウンロード配信のみを行っているアーティストもいますが、いずれ時代の流れには逆らえなくなりそうですよね。

2019年は音楽配信売上だけでなく、日本の音楽市場全体で見てもストリーミングの存在感が増しそうなので、目が離せません。

Source:

2019年第1四半期音楽配信売上は前年比105%の168億円

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事