次世代アーティストを応援する音楽サービス『MUSER』は、オーディエンス参加型のスマートフォンを使った共創型ライブ『MUSER SHOWCASE LIVE』を、6月6日(木)渋谷LOUNGE NEOにて開催すると発表しました。

都内のイベントスペースやライブレストラン、ライブハウスなどで開催されている本イベントですが、今回は渋谷LOUNGE NEOにてEmerald、大比良瑞希、P.O.Pの3組を迎えての豪華3マンライブとなっています。普段のライブとは違った、アーティストとオーディエンスが一体となる体験をお見逃しなく。

スポンサーリンク

スマホを使った共創型ライブ

『MUSER SHOWCASE LIVE』では、「いいね!」と思ったライブ中のアーティストへWEBサービス『MUSER』を使ってYELL(応援)を送ることで、ライブ中のプロジェクションを盛り上げることや、コメントを送ることができる仕組みになっており、アーティストとオーディエンスが一体となって会場を盛り上げる共創型ライブとなっています。

当日送られたらYELLはアーティストの今後の活動の資金となり、オーディエンスには当日送ったYELL数に応じてサービス内でデータを保持することができるアーティスト固有のポテンシャルカードを手に入れることができます。

ポテンシャルカードとは、アーティストごとに発行されるデジタルカードで、アーティストの人気と連動して価値が上がっていく仕組みになっており、カード保持者だけの特別な特典なども用意されるとのこと。

サービス詳細については、こちらもご確認ください。

https://info.muser.link

『MUSER SHOWCASE LIVE』 イベント詳細

開催日時:
2019年6月6日(木) OPEN 19:00 / START 19:30

開催場所:
渋谷LOUNGE NEOLOUNGE NEO
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-21-7第8矢澤ビル4F
http://loungeneo.com/venue/home

参加アーティスト:
Emerald / 大比良瑞希 / P.O.P

料金:
前売り \1,500 当日 \2,000 (+1drink)
※チケット購入にはWEBサービスMUSERへの事前登録が必要となります。

出演アーティストプロフィール

Emerald

Pop music発 BlackMusic経由 Billboard/bluenote行。

2011年結成。ジャズ、ネオソウル、AORといったジャンルを軸にした楽曲群に、Vo.中野陽介の持つジャパニーズポップスの文脈が加わったそのサウンドは、新しいポップミュージックの形を提示している。

2017年リリースの2ndアルバムがSpotifyプレイリストにピックアップされるなど、各方面から高い評価を受ける。 2018年12月には1stミニアルバム『On Your Mind』をリリースし、リードトラック「ムーンライト」がラジオ各局でパワープレイに選出。 2018年1月にbonobos、11月にbohemianvoodoo、2019年4月にはものんくるを招き渋谷WWWにて自主企画を行い、いずれも満員御礼の中で開催された。

2019年は都内主要サーキットフェスに加え、野外フェスへの出演も決定している。

https://emerald-info.tokyo/

大比良瑞希

東京出身のシンガーソングライター、トラックメイカー。

2015年ミニアルバム「LIP NOISE」のリリースでソロ活動をスタート。2016年アルバム「TRUE ROMANCE」をリリース。2017年8月より3ヶ月連続シングルのデジタルリリースを発表し、2018年9月にはデジタルシングルとそれぞれの楽曲のRemixをまとめたEP「unify」をリリース。

スモーキーな歌声と、エレキギターを爪引きながら歌うスタイルは、明るくも物憂げな唯一無二の世界観を包み込み、ソウルフルかつオルタナロックに、新時代の歌謡曲を紡ぐ。FUJI ROCK FESTIVALのほか、SUMMERSONIC、りんご音楽祭、音泉温楽などフェスへの出演も多数。歌とギターのほか、企業CMへの楽曲提供や様々なアーティストのサポートワークでも注目を集めている。

https://ohiramizuki.com/

P.O.P

双子の上鈴木タカヒロ(MC・兄)、上鈴木伯周(MC・弟)と、さいとうりょうじ(ギタリスト・作曲家)の3人によるラップグループ。

上鈴木兄弟は映画『SR サイタマノラッパー』シリーズ全編においてラップ監修・指導を担当し、伯周はTKD先輩としても出演。また、NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」「シャキーン!」「Bラッパーズストリート」やテレビドラマ、企業CMなどへの楽曲提供・ラップ監修を務める。さいとうりょうじは、テレビドラマの劇中音楽、さらに他アーティストやアイドルなどへの楽曲提供&プロデュースも担当。

右手にビール、左手にドリームを掲げ、日々ビール外交に勤しんでいる。ライブ会場のビールを品切れにし各店舗のバー売上記録を更新中。

キーワードは「たのしいことばかりありますように」

http://p-o-p.jp/

スポンサーリンク
合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事